仙台で美味しいパンのお店。トースト、サンド

2023/06/30 ブログ

 ◎仙台フレンチ.シェフのブログ

 

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い 

 

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン 

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

【朝ごはんを食べて、元気な1日の始まり】

 

皆さんは朝ごはんを、毎日しっかりと食べていますか?

新しい1日がスタートする朝こそ、実はきちんと食事をとりたいものです。

な【朝ごはんを食べて、元気な1日の始まり】

 

皆さんは朝ごはんを、毎日しっかりと食べていますか?

新しい1日がスタートする朝こそ、実はきちんと食事をとりたいものです。

なのに忙しいを理由に、朝の食事の内容をおろそかにしていませんか?

 

確かに、朝はせわしなくお弁当を作ったり、子供や家族の出かける支度に追われたり、自分が仕事を持っているなら、なおのこと目の回るほどの忙しさでしょう。

だからといってあと1時間、30分、いや10分でも、いつもよりも早く起きることが、なかなかできない。

疲れた体を1分でも長く休ませたいと思う気持ちはどんな人でも同じはずです。

ならば短い時間でできて、起き抜けでも食べたくなるような体に良いメニューをマスターして前の晩にちょっと準備をしておくこともできるはずです。

少しの工夫とアイディアが、びっくりするほど生かされます。朝ごはんをもっと美味しくもっと楽しんでください。

そんな朝ごはんに最適な一品を、ご紹介したいと思います。

 

 

そして今回ご紹介するのは

《ワンプレートのパンメニュー》

です。

 

パン食のご飯です。

野菜や卵料理などを、一皿に盛り付けてみると、いつものメニューも美味しく感じる事が出来て、食欲も増進しますね。

栄養のバランスもよく摂れるように、組み合わせにもバリエーションをつけて楽しみましょう。

 

 

《トーストサンド》

トーストした食パン1枚、コーヒー1杯の朝食では、朝に摂取する栄養としては、ちょっと不十分ですね。

せっかく食パンをトーストするなら、プラスアルファの一手間をかけるだけで、身体が喜ぶ朝ごはんになります。

 

【セロリとクリームチーズを乗せたトースト】

余りがちなセロリを、小さく切ってクリームチーズで和えるだけです。仕上げの黒コショウは、多めに降っても良いです。

 

[材料]4人分

・ライ麦パンか、もしくは8枚切り食パン………4枚

・セロリ       ………1/2本

・クリームチーズ(スプレットタイプ)………80g

・黒コショウ(粗挽き)………小さじ1杯

・塩         ………少々

・セルフィーユ    ………適量

 

[作り方]

①. セロリはスジを取り除き、1cm角に切りそろえます。

②. スプレッドタイプのクリームチーズに、黒コショウを混ぜて、塩で味を調えて、①のセロリも加えて和えます。

③. 食パンら縦に半分に切って、さらに斜め切りにして、軽くトーストします。

④. ③の食パンに②のクリームチーズを乗せて、セルフィーユを飾ります。

 

〈メモ〉

固形のクリームチーズを使う場合には、牛乳を少し加えて練り合わせて、少し柔らかくしてから使うと良いでしょう。

 

 

【アボカドとカッテージチーズのオープンサンド】

アボカドと一番相性の良いトマトを一緒に乗せて、ヘルシーなカッテージチーズで和えます。

 

[材料]4人分

・食パン(10枚切り)  ………4枚

・アボカド(食べ頃のもの)………1個

・レモン汁        ………適量

・トマト         ………1/2個

・クレソン        ………適量

・カッテージチーズ    ………大さじ4杯

・オリーブオイル     ………大さじ1/2杯

・塩、コショウ      ………各少々

・無塩バター       ………適量

 

[作り方]

①.アボカドは皮と種を取り除いて、1cmの角切りにして、アク止めの為にレモン汁を少々振りかけます。トマトも1cmの角切りにそろえます。

②.ボウルに①の食材とクレソン、カッテージチーズを入れて、オリーブオイルとレモン汁大さじ1+1/2杯を合わせて、塩とコショウで味を調えます。

③.パンは半分に切って、無塩バターを薄く表面に塗って、軽くトーストしたら②の具材を乗せて完成です。

 

 

 

以上、本日らここまでとなります。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

 

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任におすすめ #裏一番町 #五橋通り #クリスマスディナー

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと