仙台駅前でフレンチと言えばラフルールドスリジエ。フュメドポワソン2種

2022/01/20 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日は、フレンチのベースとなる『フュメ・ド・ポワソン(魚介の出汁)』をご紹介します。

ただし、ひとえに同じ『フュメ・ド・ポワソン 』と言っても、実際には作るシェフによって、使う材料や配合が、それぞれ違っています。

そこら辺の違いを、比較する形でご紹介出来ればと思います。

フランス料理に限らず、お料理に「絶対的な唯一無二に正しい作り方」というのは有りませんので、それぞれの味を知ってもらった上で、お好みによって、それぞれ作る料理に使い分けて頂ければと思います。

 

【フュメ・ド・ポワソン】Fumet de poisson 

 

《フュメ・ド・ポワソンA》

[材料]約2ℓ分

・白身魚のアラ(鯛、ヒラメ、鱈、など)………2kg

・水           ………3ℓ

・玉ねぎ(薄切りスライス)………1個

・人参(薄切りスライス) ………1本

・セロリ(薄切りスライス)………1本

・ポワローネギ(小口切り)………少々

・ニンニク(潰す)    ………1片

・ローリエ        ………1枚

・タイム         ………少々

・岩塩          ………少々

・白粒コショウ      ………少々

[作り方]

①.魚のアラは、鍋に入る大きさに切り分け、流水にさらして洗い、血合いなどを取り除きます。

②.鍋に水気を切った①を入れて、3ℓの水と岩塩を入れます。強火にかけて沸騰させ、アクを取ったら、薄切りにした野菜と、ローリエ、タイム、白粒コショウを加えます。

③.再沸騰させたら弱火にして、アクと脂をとりながら、約30分間ほど煮ます。

④.30分経って旨味が出たら、火を止めて布漉しします。再び火にかけて沸騰させ、アクを取り除いたら火を止めます。

 

《フュメ・ド・ポワソンB》

[材料]700〜800ml分

・魚のアラ      ………1kg

・水         ………適量

・玉ねぎ(薄切りスライス)………200g

・人参(薄切りスライス)………200g

・セロリ(薄切りスライス)………100g

・ポワローの緑色の部分  ………適量

・ニンニク(潰す)    ………1片

・パセリの軸       ………適量

・タイム         ………適量

・粗塩          ………適量

・レモンの皮       ………少々

[作り方]

①.魚のアラは水で洗って、血合は取り除きます。(血合は臭みの元になる)

②.鍋に魚のアラと野菜を入れて、ヒタヒタに水を注ぎます。強火にかけて、沸騰したら火を弱めてアクを取り、粗塩を加えます。そのまま20分間ほど静かに煮ます。仕上がる直前に、香り付けようでレモンの皮を少量入れます。

③.目の細かいシノワで漉します。

 

 

以上、本日はお魚の出汁『フュメドポワソン』についてご紹介致しました!

 

今日も最後までお読み頂き、どうも有難うございました。

 

【アルバイトスタッフ募集のお知らせ】

この度ラフルールドスリジエでは、未経験者大歓迎のアルバイトスタッフ募集を致します。

 

○仕事内容は

簡単なカクテルを作ったり、ワインをお客様に注いだりといった、ホール業務全般です。

スリジエのスタッフは、初めてアルバイトをします。という学生さんが多く、未経験の方でも大丈夫です。

もちろんダブルワークの方も歓迎です。 

 

週末を含む、週1〜3日勤務で

18時〜23時の間で、1日3〜5時間程度のシフトを考えています。

毎週金曜日だけ、とか毎週土曜日だけ、というシフトでもOKです。

 

*基本的には、働いてもらう方の希望に応じてシフトは作るようにしております。

 

今回は、既存のスタッフの卒業や就職活動に伴っての欠員による募集です。 

 

直接の電話、Instagram、Facebookから、もしくはホームページからのお問い合わせでも大丈夫です。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと