バレンタインデーを仙台でやるならラフルールドスリジエがおすすめ。りんごのパートフィロー包み。

2022/01/06 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

本日も、レストランで食べる、フレンチのデザートをご紹介致します。

フランス料理で、コース料理の締めくくりには欠かせないデザートですが、和食の様にお料理にあまり砂糖を使用しない、フランス料理の最後の締めは、しっかりと甘くて美味しいデザートで締めくくると、お料理の満足感も違ってきますね。

デザートは、甘さを控えめにしようと、必要以上に砂糖を減らしてしまうと、仕上がりの状態にも影響します。

またレストランのデザートは、季節感や砂糖の甘さ以外の上品な甘さを出す為に、その時々の季節のフレッシュな果物を使って、フランス料理らしい『アシェット・デセール(お皿のデザート)』に仕上げます。 

 

【りんごのパートフィロー包み〜バニラアイス添え〜】

Pomme caramélisée en filou avec glace à la vanille.

サクッと軽くて香ばしいパートフィローと、キャラメリーゼして甘くスパイシーに仕上げた、りんごを取り合わせた、温かいデザートです。

いわゆる『アップルパイ』よりも、軽くて上品な味わいが身上です。

焼きたて熱々の状態の物は、冷たいアイスクリームと相性が良いので、盛り合わせるようにしましょう。

 

*パートフィローは、とうもろこしの粉と小麦粉。原料として作られます。ごく薄い皮で油脂を含みません。もともとはギリシャやアラブでのお菓子作りに利用されていました。冷凍の状態で輸入されます。

[材料]4人分

・りんご      ………2〜3個

a.白ワイン     ………250ml

a.水        ………75ml

a!グラニュー糖   ………50g

a!ミント      ………少量

a.シナモンスティック ………1本

a.レモンスライス  ………2枚

b無塩バター    ………大さじ2杯

b.ハチミツ     ………大さじ3杯

b.グラニュー糖   ………大さじ2杯

b.シナモンパウダー ………少々

・パートフィロー  ………4枚

・スポンジ生地   ………適量

・溶かしバター   ………適量

・粉砂糖      ………適量

・バニラアイスクリーム ………適量

 

[作り方]

①.りんご4等分にして皮をむいて種を取り除きます。これをa.の〈白ワイン250mlと水75ml、グラニュー糖50g、ミント、シナモンスティック、レモンスライス、〉と一緒に鍋に入れて火にかけ、りんごが柔らかくなるまで煮込みます。*りんごは崩れない程度の柔らかさに留めておきます。

②.柔らかくなった①のりんごを、さらに3等分に切り分けて、b.の〈バター大さじ2杯と、ハチミツ大さじ3杯、グラニュー糖大さじ2杯、〉を溶かしたフライパンで炒めます。仕上げにb.のシナモンパウダーを軽くふりかけて、香りを付け足します。

③.パートフィローで包みます。パートフィローは30cm四方になるように、端っこを切り落とします。切り落とした端のパートフィローを中央部分に畳んで置いて、真ん中を三重にして厚くします。

④.30cm四方に切り揃えたパートフィローの真ん中に、ちょうど良いサイズに切ったスポンジ生地を置いて、その上に炒めた②のりんごを乗せます。

⑤.パートフィローでりんごを包む前に、パートフィローを広げた状態で、内側に溶かしバターをハケで塗ります。そしてりんごをふんわりとパートフィローで包みます。今度は外側全体に溶かしバターを塗り、180℃のオーブンで適度な焼き色が付くまで焼き上げます。(7〜8分程度)

⑥.焼けた⑤をお皿に盛り付けて、バニラアイスクリームを脇に添えます。仕上げに粉砂糖を振り、ミントを飾って完成です。お好みでアングレーズソースをかけても美味しいです。

*スポンジ生地は、市販の冷凍品を使うと便利です。

 

[りんごの煮込み方]

1.りんごは4等分にして皮をむき、白ワイン、グラニュー糖、ミント、シナモンスティックと共に柔らかく煮ます。

2.煮たりんごはさらに3等分にして、バター、ハチミツ、グラニュー糖を溶かしたフライパンで、甘く炒めます。

3.りんごに軽く焼き色が付くまで炒めて、仕上げにシナモンパウダーを振って香付けをします。

 

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読み頂き、有難うございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと