サロンドショコラ仙台のおすすめはクレーム・キャラメル。ラフルールドスリジエ。

2022/01/06 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

本日も、レストランで食べる、フレンチのデザートをご紹介致します。

フランス料理で、コース料理の締めくくりには欠かせないデザートですが、和食の様にお料理にあまり砂糖を使用しない、フランス料理の最後の締めは、しっかりと甘くて美味しいデザートで締めくくると、お料理の満足感も違ってきますね。

デザートは、甘さを控えめにしようと、必要以上に砂糖を減らしてしまうと、仕上がりの状態にも影響します。

またレストランのデザートは、季節感や砂糖の甘さ以外の上品な甘さを出す為に、その時々の季節のフレッシュな果物を使って、フランス料理らしい『アシェット・デセール(お皿のデザート)』に仕上げます。 

 

【クレーム・キャラメル】

Crème caramel 

クレームキャラメルは、家庭的なイメージがありますが、フランス菓子の中でも伝統的なデザートの1つで、フランスの三つ星レストランでも提供されています。

ポイントはキャラメルの作り方にあります。

砂糖を火にかけて、薄いアメ色か付いてきた程度では火から下ろさないで、砂糖が焦げる手前くらいまで、ギリギリまで煮詰めての濃いダークブラウン色に仕上げます。

材料自体はシンプルなので、新鮮で質の良い物を使うようにします。

 

[材料]

○キャラメルソース

a.グラニュー糖       ………45g

a.水            ………少量

a.バニラビーンズ      ………1/2本

○プリン液

b.全卵           ………3個

b.卵黄           ………2個

b.牛乳           ………500ml

b.グラニュー糖       ………100g

b.バニラビーンズ      ………1/2本

 

[キャラメルの作り方]

1.鍋にa.のグラニュー糖とバニラビーンズを入れて、火にかけて溶かします。

2.徐々に色が付いてきて、砂糖が焦げる香ばしい香りがしてきたら火を止めます。ここに少しの水をさします。さらにべっこう飴の色から、濃い茶色になるまで煮詰めていきます。薄いアメ色の状態ではまだ苦味が足りないので、しっかりとぎりぎりまで濃い茶色になるまで煮詰めます。

*沸騰したキャラメルに水をさすと、水が跳ねて火傷するおそれがあるので注意しましょう。

3.出来たキャラメルは、熱いうちに型に流し込みます。

 

 

[クレーム・キャラメルの作り方]

①.キャラメルソースを作ります。上記の手順を参照にして、キャラメルソースを作ります。出来たキャラメルソースは、型に流し入れます。

②.プリン液を作ります。ボウルに全卵3個と卵黄2個を割りほぐします。

③.グラニュー糖100gを②のボウルに加えて、泡立て器で白っぽくなるまで、良く泡立てます。*この際に、必要以上に泡立てない様に注意しますが、逆に混ぜ方が不十分だと固まりにくかったり、仕上がりにグラニュー糖のザラつきが残って、口当たりが悪くなります。

④.バニラビーンズを縦にナイフで切り裂き、中の種をしごき出し、牛乳と一緒に鍋に入れます。(種をしごき出したサヤ部分も鍋に入れます)コレを火にかけて沸かします。

⑤.④の牛乳が沸騰したら③のボウルに、少しずつ流し入れて、泡立て器で良くかき混ぜていきます。

⑥.しっかりと混ぜ込んだら、⑤をシノワで濾しながら、①でキャラメルソースを流し込んだ型に注ぎます。

⑦.バットに⑥の型を並べて熱湯を注ぎ、160℃のオーブンに入れて、約30分間蒸し焼きにします。*蒸し焼きにする時間はあくまでも目安ですので、蒸し上がったかどうかは、手でプリンの表面を触り、手にプリン液が付かなければOKです。蒸し上がったプリンは湯煎から外して粗熱を取り、冷蔵庫で充分に冷やします。

⑧.冷やしたプリンは、周りにナイフを入れて型からはがし、盛り付け用のお皿を型の上に被せて、両手でお皿と型をしっかりと押さえたまま、ひっくり返します。

 

 

以上、本日はここまでとなります。

今日も最後までお読み頂き、有難うございました!

 

【アルバイトスタッフ募集のお知らせ】

この度ラフルールドスリジエでは、未経験者大歓迎のアルバイトスタッフ募集を致します。

 

○仕事内容は

簡単なカクテルを作ったり、ワインをお客様に注いだりといった、ホール業務全般です。

スリジエのスタッフは、初めてアルバイトをします。という学生さんが多く、未経験の方でも大丈夫です。

もちろんダブルワークの方も歓迎です。 

 

週末を含む、週1〜3日勤務で

18時〜23時の間で、1日3〜5時間程度のシフトを考えています。

毎週金曜日だけ、とか毎週土曜日だけ、というシフトでもOKです。

 

*基本的には、働いてもらう方の希望に応じてシフトは作るようにしております。

 

今回は、既存のスタッフの卒業や就職活動に伴っての欠員による募集です。 

 

直接の電話、Instagram、Facebookから、もしくはホームページからのお問い合わせでも大丈夫です。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと