仙台で女性1人でも安心してご飯が食べられるお店はラフルールドスリジエ。牛テールのコロッケ。

2021/12/29 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

日本もそうですが、フランスの家庭料理でも、台所で余った食材を有効活用するのは、料理を作る人の腕の見せ所ですね。

今日はそんなフランス家庭料理のご紹介です。

 

【牛テールとじゃが芋のコロッケ〜キノコのソース〜】

Croquette de queue de bœuf 

家庭的な温かさを感じさせてくれる「コロッケ」ですが、実は前の日に残った煮物を、再活用できる重宝メニューでとあります。

今回は牛のテール肉を煮込みましたが、豚肉のトマト煮込みなどの、余りを活用しても良いですね。

ちょっと甘めの『キノコのソース』とは相性が良いです。

 

牛テールは、関節ごとに切り分けて売られていることが多いです。

食材としての栄養価も、高タンパク質でコラーゲンが多く、女性にとって美容に良い食材としておススメです。

 

[材料]4人分

・牛テール      ………1/2本

・香味野菜(玉ねぎ、人参、ニンニク、長ネギの青い部分、パセリの茎、などなど)………各適量

・エシャロット(みじん切り)  ………大さじ1/2杯

・パセリ(みじん切り)   ………大さじ1/2杯

○ポムピューレ

a.じゃが芋     ………3個

a.無塩バター    ………大さじ3杯

a.生クリーム    ………少量

a.塩、コショウ   ………各適量

○キノコのソース

b.しめじ      ………1/2パック

b.椎茸       ………4枚

b.マッシュルーム  ………4個

b.エシャロット(みじん切り)………小さじ1杯

b.マディラ酒     ………少量

b.フォンブラン    ………150ml

b.生クリーム     ………少量

b.無塩バター     ………大さじ1杯強

○衣用

・小麦粉       ………適量

・溶き卵       ………適量

・パン粉       ………適量

 

[作り方]

①.牛テール肉には塩を振って、香味野菜と一緒に、深めの鍋に入れて、2〜3時間ほど柔らかくなるまで2〜3時間ほど煮込みます。

②.煮込んだ牛テール肉をほぐして、エシャロットとパセリを加えて混ぜて、塩とコショウで味を整えます。

③.下記に記した《ポムピューレの作り方》を参照にしてa.の材料を使ってポムピューレを作ります。このポムピューレと、②をボウルで混ぜ合わせて、バットなどに広げて冷まします。

④.キノコのソースを作ります。b.のキノコはそれぞれ食べやすい大きさに切ります。これをサラダ油を敷いたフライパンで炒めて、しんなりして来たら、みじん切りにしたb.のエシャロットとマディラ酒の順番に加えて、水分がなくなるまで煮詰めます。水分がほとんど無くなったら、b.のフォンブランを加えて、さらに1/3量くらいになるまで煮詰めます。b.の生クリームを少量加えて、塩とコショウで味を整えます。味が整ったら火を止めて、バターを溶かし込みます。

⑤.混ぜ合わせた③を適当な大きさに丸めます。これに〈小麦粉→溶き卵→パン粉〉の順番にまぶして、180℃の揚げ油で揚げます。

⑥.お皿に④のソースを敷いて、⑤のコロッケを盛り付けて完成です。

 

《コロッケに使うポム・ピューレの作り方》

1.b.のじゃが芋は皮をむいて、乱切りしてから塩茹でをします。竹串を刺してみて、スーッと通るくらいまで柔らかくなったららザルにあけて、水気をよく切ります。

2.熱々のうちに裏漉しをするか、もしくはフードプロセッサーにかけます。

3.裏漉しした場合は、2.を鍋に入れて、バターと生クリームを加えて滑らかにして、塩とコショウで味を整えます。

フードプロセッサーにかけた場合には、2.にそのまま無塩バターと生クリームを加えて合わせ、塩とコショウで味を整えます。

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読み頂き、有難うございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと