仙台で忘年会するならラフルールドスリジエ。里芋のフリット、カレー風味

2021/12/01 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

仙台では、少し肌寒くなる秋の季節になると、川原などの外で『芋煮会』というのを行います。

寒くなる季節ですが、皆で熱々の芋煮を食べるのが意外と楽しかったりします。

その「芋煮」に使われている主役は何と言っても『里芋』です。

今日はその里芋を使ったフランス料理をご紹介致します。

 

【里芋と白身魚のフリット〜カレー風味〜】

Taro frit 

このお料理は、ほのかに香るカレーの風味が食欲を刺激して、ワインが止まらなくなる一品です。

一見脇役のイメージの『里芋』ですが、一度煮て下味をつけてから油で揚げる、というひと手間をかける事で、里芋が脇役から一気に主役に躍り出る美味しさになります。

また揚げる事によって、表面はサクッと、中身はしっとり、という食感も得られます。

「フリット」と言う調理方法は、天ぷらに慣れた日本人にも、馴染みがあり喜ばれる調理方法です。

 

[材料]4人分

・里芋(中くらいのサイズ) ………4

・白身魚(スズキ、鯛、など)………1/2

・自然塩         ………大さじ4

SBのカレー粉     ………大さじ1杯

・ターメリック      ………小さじ1/2

・フォン・ブラン(鶏ガラと野菜からとる出汁)     ………適量

・片栗粉          ………適量

・エリンギ         ………2

・セルフィーユ       ………適量

・サラダ油(揚げ油用)   ………適量

 

 

[里芋の下ごしらえ]

.里芋は皮をむいて、食べやすい大きさ(24つ割り)に切ります。

.鍋に切った里芋と、ヒタヒタの水と塩を少し加えて、冷たい水から沸かします。沸騰したら弱火にして2分ほど茹でます。

.茹でた2.の里芋を氷水に入れて冷まし、表面のぬめりを洗いとります。

.洗った3.の里芋を、今度はフォン・ブランで15分ほど煮込んで、旨味を染み込ませます。

.煮上がった里芋は、水気をペーパータオルなどで拭き取り、片栗粉を全体にまぶします。

仕上げにこれを他の食材と同じように、180℃の油で揚げます。

 

[作り方]

.カレー塩を作ります。自然塩にカレー粉とターメリックを加えて良く混ぜ合わせます。*カレー粉とターメリックの量はお好みで調節します。

.里芋を上記の[里芋の下ごしらえ]にならって煮ます。

.エリンギは石付きを取り、縦に4等分に切り分けます。

.白身魚は3枚におろしたら、骨を取り除き、食べやすい大きさ(3040gくらい)に切り分けて、全体に①のカレー塩を軽く振ります。

.下味を付けた②の里芋、③のエリンギ、④の白身魚、それぞれに片栗粉をまぶして、180℃の油で表面をカリッと揚げます。

.揚げた⑤の食材に、それぞれ①のカレー塩をふり、味を付けます。(白身魚は最初にカレー塩を軽くふってあるので、後から振るカレー塩も軽く振ります)*白身魚は揚げる前に下味をつける事で、より旨みを強く引き出す事が出来ます。

.お皿に盛り付けてターメリックを飾り程度に振りかけ、セルフィーユを添えて彩りを足し、完成です。

 

以上、本日はここまでとなります。

今日も最後までお読みいただき、有難うございました!

【アルバイトスタッフ募集のお知らせ】

この度ラフルールドスリジエでは、未経験者大歓迎のアルバイトスタッフ募集を致します。

 

○仕事内容は

簡単なカクテルを作ったり、ワインをお客様に注いだりといった、ホール業務全般です。

スリジエのスタッフは、初めてアルバイトをします。という学生さんが多く、未経験の方でも大丈夫です。

もちろんダブルワークの方も歓迎です。 

 

週末を含む、週1〜3日勤務で

18時〜23時の間で、1日3〜5時間程度のシフトを考えています。

毎週金曜日だけ、とか毎週土曜日だけ、というシフトでもOKです。

 

*基本的には、働いてもらう方の希望に応じてシフトは作るようにしております。

 

今回は、既存のスタッフの卒業や就職活動に伴っての欠員による募集です。 

 

直接の電話、Instagram、Facebookから、もしくはホームページからのお問い合わせでも大丈夫です。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

それでは

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと