仙台といえばラフルールドスリジエがオススメ。白身魚フラン。

2021/11/26 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日は、手軽に家庭で出来るおもてなし料理(前菜)をご紹介致します。

 

【白身魚のフラン】Flan de poisson avec oursin 

 

魚のすり身や野菜を具材にするフランスの蒸し物料理を、日本人になじみの深い「茶碗蒸し仕立て」にしました。ここではメバルとホタテ、そらまめを具材にしてリッチに仕上げました。フラン生地はフュメ・ド・ポワソン(魚の出汁)をベースにして、卵と生クリームを加えています。

 

[材料]4人分

・全卵        ………2個

・フュメ・ド・ポワソン ………400ml

・塩、コショウ    ………各適量

・白身魚(メバル)  ………正味200g

・ホタテ貝柱     ………2個

・そら豆       ………8粒

・椎茸        ………2枚

・生ウニ       ………適量

・アサツキ(シブレットでも可能)………少量

・オリーブオイル   ………適量

・フュメ・ド・ポワソン(仕上げ用)………100ml

 

[作り方]

①.ボウルに卵を割ってよくかき混ぜ、冷ましたフュメ・ド・ポワソンを加えながら、さらによく混ぜあわせて、塩と胡椒で味を整え、シノワなどの目の細かい猿でこします。

②.食べやすい大きさに切り分けた、白身魚とホタテの貝柱と、椎茸と下茹でしたそら豆をココットに入れて、①の卵液を注ぎます。

③. ②にアルミホイルで蓋をして、蒸し器で蒸し上げます。中火で15分から20分くらい蒸し上げるのが目安です。

④.蒸し上がったフランにウニを乗せて、刻んだアサツキ(シブレット)を散らします。オリーブオイルを少しだけ垂らして、仕上げ用のフュメドポワソンを温めてから、少しだけ注ぎます。

 

*卵には大小の大きさが有りますので、卵とフュメドポワソンの割合が〈1:3〉になるように分量は調節します。

また、フュメ・ド・ポワソンの総量の半分を生クリームにかえても美味しく出来ます。

 

 

【グリーンアスパと卵のパルミジャーノ風味】

Gratin d’asperges avec œufs aux parmesans 

 

オードブルの他にも、ブランチなどの軽い食事にもぴったりなお料理です。フランスやイタリアではとてもポピュラーで、よく作られています。作り方も比較的簡単なのも魅力ですね。

白ワインやスパークリングワインと一緒に楽しめる一皿です。

 

[材料]4皿分

・グリーンアスパラガス   ………12本

・生ハム          ………12枚

・エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル………適量

・全卵              ………4個

・パルミジャーノ・チーズ              ………適量

・パセリ(みじん切り)     ………適量

・サラダ油           ………適量

 

[作り方]

①.グリーンアスパラガスは、水洗いをして汚れを落として、水気をよく切っておきます。太いアスパラガスを使う場合には、火が通りにくいので、下半分の皮をむいて、あらかじめ固めに下茹でしておきます。

②.①のアスパラガスに生ハムを巻きつけて、サラダ油を敷いたフライパンで、中火で焼き付けて、全体に軽く焼き色を付けます。

③.グラタン皿などの耐熱容器に②のアスパラガスを並べて(アスパラを3本ずつ4皿作ります)、上に卵を割り落とします。

④.すりおろしたパルミジャーノチーズを全体に満遍なくかけて、220℃のオーブンで5〜6分ほど焼き上げ、卵は半熟の目玉焼きの状態になるよう仕上げます。

⑤.エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを全体に回しかけて、みじん切りにしたパセリを散らして完成です。

 

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと