仙台市青葉区一番町でオススメのワイン飲み放題のお店、ラフルールドスリジエきのこのソース

2021/11/11 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗が飾ってある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日もホームパーティーに映えるお料理をご紹介致します。

【うさぎの背肉と手長エビのロースト〜きのこのソース〜】

しっとりとしたうさぎ肉の中に、甘くてプリっとした食感の手長エビを入れました。

香りの良いきのこのソースとも相性が良く、パーティーの中でも華やかになる料理です。

うさぎ肉は、日本ではあまり馴染みの無い食材ですが、鶏肉に近いあっさりとした味わいで、意外に食べやすい食材です。

また、うさぎ肉の代わりに鶏もも肉で作っても美味しく仕上がります。

 

[材料]

・うさぎ背肉     ………1羽分

・手長エビ      ………4尾

・塩、コショウ    ………各適量

・クレピネット(網脂:豚の内蔵を覆っている薄い幕状の物)  ………適量

○きのこのソース

・しめじ     ………50g

・マッシュルーム ………50g

・椎茸      ………50g

・エシャロット  ………小さじ1杯

・マデイラ酒   ………少々

・フォンブラン(鶏ガラと野菜からとる出汁)………150ml

・生クリーム  ………大さじ1杯

・無塩バター  ………大さじ1杯

 

[うさぎ背肉の下準備]

1.うさぎ背肉を開きます。身の厚い部分に包丁を入れて開きます。出来るだけ長方形になる様に、肉叩きで叩いて伸ばし形を整えて、軽く塩とコショウをふります。

2.伸ばしたうさぎ肉の真ん中に、殻を剥いたエビを2本乗せて、ロール状にうさぎ肉でエビを巻き込む様に包んでいきます。

3.細長い棒状の形に整えたら、全体に塩とコショウをふります。

4.水にさらして臭みを取ったクレピネットを固く絞り、水気を切って3.を全体的に包み込んで、余分な部分を切り取ります。

 

 

[作り方]

①.上記の手順で下準備をしたうさぎの背肉を、オーブン用の天板に乗せて、あらかじめ200℃に加熱したオーブンで約12分間ほど焼き上げます。

②.きのこのソースを作ります。きのこはそれぞれ食べやすい大きさに切り揃え、サラダ油を敷いたフライパンで強火で炒めます。

③.きのこがしんなりしてきたら、みじん切りにしたエシャロットを加えて炒め、さらにマデイラ酒を加えます。

④.マデイラ酒を加えたら、そのまま煮詰めていき、水分がほとんど無くなるまで詰めます。ここにフォンブランを加えて、さらに水分が1/3の量になるまで煮詰めます。

⑤.1/3量まで詰めた④に、生クリーム大さじ1杯を加えて混ぜて火を止めます。仕上げにバターを混ぜ込んでモンテし、ソースを仕上げます。

⑥.焼き上がった①のうさぎ肉を、食べやすい厚さ(1cm程度)に輪切りにし、お皿に盛り付けて、きのこのソースをかけて完成です。

 

《調理の直前の使用》

○肉をローストする、○魚を加えする、○サラダを混ぜあわせる、などの直前には、食材に塩を振ると言う手順が欠かせません。

この塩は、食材の旨味を最大限に引き出すためのもので、この塩が決まらないと、ソースやドレッシングと合わせた時に、食材に味が乗りません。

塩の量は多くても少なくても行けなく、フランス料理店の厨房では、した味やマリネなどに使う塩は細かいサラサラした物を使い、コンフィーの漬け込みや、後から塩を加えて調味する料理には、やや粗めの天然の塩を使い、ブランシール(下茹で)する時には岩塩を使う、という風に、それぞれ塩の種類を使い分けています。

 

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています。

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

皆さまのお役に立てる様な、お店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと