仙台でおすすめのパティスリーLa fleur de。マカロン・ムー

2021/09/28 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

本日も、レストランデザートの中でも、食後のコーヒーと共に供される小さなお菓子【プティ・フール】のお話しです。

フランス語で「プティ」は“小さい”という意味で、「フール」は“オーブン”という意味です。

直訳すると、『オーブンで焼いた小さなもの』となりますが、オーブンで焼かないものも含めてひと口菓子全体を指します。

パーティーなどで料理をつまむときに、口紅を落とさずに、ひと口で食べられるようにと、工夫したのが始まりと言われています。

広義には甘いお菓子だけではなく、塩味の料理も含みます。

 

【Petit four demi-sec プティ・フール・ドゥミ・セック】

フランス語でdemi (ドゥミ)は『半分』を、sec(セック)は『乾いた』という意味がそれぞれあります。

直訳すると『半焼き小菓子』という風になります。

数あるプティ・フールの中でも、クッキーのような焼き菓子(セック)と、生菓子(フレ)の中間的な[マカロン、ベニエ、フール・ダマンド]などのお菓子を、プティ・フール・ドゥミ・セックとしてご紹介致します。

 

そして本日はその中でも、アーモンド入りメレンゲの小菓子《マカロン・ムー》をご紹介します。

 

マカロンはアーモンドとメレンゲで作るフランスの伝統的なお菓子の1つです。

形や風味、硬さなどが様々なマカロンがフランス各地に伝わっています。

その中でも、半球形を2つ合わせて、クリームを挟んだ小さなドーム型の『マカロン・ムー』は、1番ポピュラーなもマカロンです。

表面は薄皮が張ったようにツルッとして、中は柔らかくしっとりしているのが特徴で、アーモンドの風味と独特な食感に人気があります。

クリームの代わりにジャムを挟む場合もあります。

 

 

《Macaron mou マカロン・ムー》

 

[材料]約60個分

a.アーモンドパウダー   ………105g

a.粉砂糖         ………175g

○メレンゲ

b.卵白          ………100g

b.粉砂糖         ………50g

・バニラエッセンス    ………適量

・ココアパウダー     ………適量

・食用色素(赤、黄、など)………適量

 

[下準備]

1.a.のアーモンドパウダーとa.の粉砂糖は合わせて篩(ふるい)にかけます。

2.チョコレート風味のマカロンを作る場合には、アーモンドパウダーを90gにして、ココアパウダーを15gで合わせます(トータルで105gにする)。

3.オーブンはあらかじめ220℃に加熱して温めておきます。

 

[作り方]

○生地を作ります。

①.初めにメレンゲを作ります。b.の卵白を泡立てて、ある程度泡立ってからb.の粉砂糖を加えます。角が立つまでしっかりと泡立てます。

②.バニラエッセンスを①に加えて香りを付けて、着色する場合は、ここで水で溶いた食用色素を混ぜます。

③.篩にかけたアーモンドパウダーと粉砂糖をふり入れて、ゴムベラを使いボウルの底からすくい返す様にして混ぜ合わせます。この時の状態は、生地をすくった時にゆっくりとリボン状に垂れ落ちて、垂れ落ちた生地に跡が残り、モッタリとするくらいまで混ぜ合わせます。

○焼き上げてクリームを挟みます。

④.オーブン用の天板にクッキングシートを敷きます。生地は直径9mmの丸い口金を付けた絞り袋に詰めて、間隔をあけながら直径3cmに丸く絞ります。

⑤.そのまま15分ほど置いて表面を乾燥させて、220℃のオーブンで10分間焼き上げます。焼けて生地のスソがはみ出て来たら{この部分をピエ(足)と呼びます。}、オーブンを160℃に下げて15分間焼きます。

⑥.焼き上がったらオーブンから取り出します。クッキングシートの下に水を薄く伸ばすと、マカロン生地が綺麗に剥がれるようになります。

マカロン生地へ2個を1組にして、間に「クレーム・オ・ブール」などをサンドして合わせます。

*中のクリームの風味と、マカロン生地の色を合わせると良いです。(レモン風味のクリームには、黄色の生地にする、など)

 

 

 

と言っところで本日はここまでとなります。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています!

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと