仙台おすすめ飲食店La fleur de cerisier。マシュマロ

2021/09/17 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

みんな大好きマシュマロ!

ということで、今日は【マシュマロ】の作り方をご紹介します!

 

 

【マシュマロ】

マシュマロとは、英語で『ウスベニタチアオイ』という植物の事です。

この植物の根には、咳止めなどに効用のある粘質物が含まれており、これを使って作られたところからつけられた名前ですが、現在はこの植物は原材料としては、使われていません。

ここでは卵白に、熱いシロップとゼラチンを入れて、泡立てて作ります。

ゼラチンを入れることによって粘り気のあるメレンゲができ、冷めるとふんわり固まって弾力のある、お馴染みのマシュマロになります。

 

 

[材料]

・グラニュー糖  ………250g

・水あめ     ………25g

・水       ………75ml

・卵白      ………60g

・板ゼラチン   ………15g

 

○仕上げ用

・バニラエッセンス ………適量

・バラ水     ………適量

・食用色素    ………適量

・ミントオイル  ………適量

・コーンスターチ ………適量

・粉砂糖     ………適量

 

[作り方]

○下準備。

①.板ゼラチンは、あらかじめ水に浸けて柔らかく戻しておきます。大きめの天板の上にクッキングペーパーを敷いて、1〜1.5cm角の真鍮の棒で、30cm×20cmの枠を作り、コーンスターチと粉砂糖を同量混ぜ合わせた物を上から振ります。

○卵白とシロップを泡立てます。

②.鍋にグラニュー糖と水あめ、水、を入れて125℃まで煮詰めます。

③.ボウルに卵白を入れて、ハンドミキサーの高速回転で泡立てます。軽く泡立ってきたら、②の煮詰めた熱いシロップを、糸状に少しずつ落としながら泡立てて、しっかりとしたイタリアンメレンゲを作ります。

④.メレンゲが熱いうちに、戻したゼラチンを加えて溶かして、冷めるまで泡立て続けます。メレンゲをすくってみて、ゆっくりと下に落ちるくらいの硬さになり、ツヤが出るくらいまで泡立てます。*粘り気のあるしなやかな生地を作ります。

⑤.香りや色を加えます。仕上がりを白くする場合には、「バニラエッセンス」で香り付けを行い、ピンク色にしたい場合は「バラ水」で香りを付けます。緑色にしたい場合は「ミントオイル」で香りを付けて、少量の水で溶いた「緑色素」で色を付けます。生地を3等分に分けて、それぞれ別の香りと色を付けても良いです。

○枠に流して固めます。

⑥.色と香りを付けたマシュマロ生地を、枠をはめた①の天板に流し入れます。

⑦.パレットナイフで平らにならして、その上にもコーンスターチと粉砂糖を混ぜた物を振ります。

⑧.さらに⑦の上にクッキングシートを乗せて、その上から麺棒を転がして平らにし、そのまま約2時間以上放置します(冷蔵庫に入れば冷蔵して寝かせます)。

⑨.クッキングシートと真鍮の枠を外して、お好みの形(長方形や正方形など)に切り分けて完成です。

 

《ポイント》

ふんわりとして弾力のあるマシュマロ独特の食感は、卵白に熱いシロップとゼラチンを加えて、泡立てることで生まれます。

 

◎マシュマロは、形も自由自在に作る事が出来ます。

フランスの駄菓子屋さんには、細いヒモ状に切って結んだ、色とりどりのマシュマロが並んでいたりします。

サイコロやひし形など、切り方を変えたり、丸形や星形の型で抜いたり、色だけではなく形も様々に変えられるのも、マシュマロの楽しさです。

乾くと硬くなって風味も損なわれてしまいますから、作って完全に冷ましたら、密閉容器で保管します。

帯状に切り揃えた場合は、マシュマロを1本ずつセロハンで包んでおくと、食べやすくプレゼントにも便利です。

 

 

以上、本日は『マシュマロの作り方』でした!

今日も最後までお読みいただき、どうも有難うございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています!

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと