仙台でビストロといえばLa fleur de cerisierがおすすめ。お皿②

2021/09/16 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日は、前回に引き続き、お料理やデザートを盛り付ける為の『お皿』についてのお話しです。

フランス料理において、お皿はただ料理を乗せるための「器」では有りません。

お料理の見た目の華やかさや彩り、果ては食欲までも刺激するほどの影響力を持つ、とても重要なアイテムです。

今日は、そんな『お皿』についてのお話しです。

 

【無地の色皿】

無地のお皿でも、黒や赤などの色をしたお皿は、その唯一の色味がテーブルの彩りを演出し、更にはセッティング全体のアクセントにもなり、食卓を引き締めてくれます。

同じ無地の色でも、まっさらな白と、色付きの無地のお皿とでは、見た目の印象もガラッと変わります。

使うお皿の色は、乗せるお料理やデザートに合わせて選び、またコース料理でしたら、その前後のものとのバランスも考えて選べば、お料理全体の統一感が生まれてきます。

 

また、普段使いに「取り皿」や「盛り皿」としても使われるような「無地の色皿」は、本来の汎用性からいっても、デザート用としても充分に使えます。調和やコントラストなど、色の効果を楽しみながら、コーディネートしてみてください。

 

無地のお皿は、どんなお料理やお菓子を盛り付けるにしても、無難なタイプのお皿なので、色そのものの他にも、形で遊びを試してみるのも面白いです。

例えば個性的な角皿や花弁型のお皿、さらに無地皿なら、コーディネートも細部まで多彩に演出できます。

 

またベトナムや中国風のお皿なら、アジアンテイストを濃くしたコーディネートもできます。

 

盛り付け例としては、つや消し黒の角皿は、[ブリュレの黄色と、赤いシャーベットやイチゴのソース]などが映えます。

 

 

【モダン柄のお皿】

もう一つ、デザートやオードブル用としてふさわしい器としては、模様入りの洋皿があります。

レストランやカフェでもよく使われているように、西洋のお菓子やお料理を盛り付けるのには、やはりそこで生まれ育ったお皿が似合います。

しかもクラシックからモダンまで、柄物皿は実に多種多様です。

中でもモダン柄のお皿は、ティータイムを楽しむときの気分や空間朝コーディネートしやすく、主役のケーキを引き立ててくれます。

モダン柄皿を選ぶ時のポイントは、色数を抑える事と、洗練された雰囲気が決め手です。

 

お菓子やオードブルに向いている、モダン柄のお皿選びのポイントは、柄の色数が少ない事とシンプルな事です。

そしてコーディネートしやすい色柄を選ぶ事も大切です。

ただし、料理にはちょっと釣り合わない様な遊び心のある柄でも、デザート用でしたら試す価値はあります。

 

明るい陽射しに溢れたテラスでのティータイムには、お揃いのモダン柄ティーセットで、柄ものでも飾りつけをプラスする事で、場にふさわしい雰囲気作りが出来ます。

 

盛り付け例としては、中央にお花などの柄があるお皿には、白身魚のカルパッチョや、白い生クリームのショートケーキを合わせるなど、タンパクな色味のお料理やデザートが合います。

 

 

 

以上、本日はここまでとなります。

今日も最後までお読みいただき、どうも有難うございました!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています!

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと