美味しいお酒とお菓子のお店La fleur de cerisier。お菓子の材料、洋酒

2021/09/09 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日も、お菓子作りに欠かせない材料をご紹介したいと思います。

一言でお菓子作りと言っても、タルトやジェノワーズ(スポンジ生地)などの『焼き菓子』と、ムースやジュレなどの『生菓子』では、使われる食材も違く、それぞれに向いた製菓材料も沢山あります。

その中から今回は、【お酒(洋酒)】についてのお話しになります。

 

お菓子作りに使われる洋酒には、ワインなどの「醸造酒」と、ブランデーなどの「蒸留酒」、そしてこれらのお酒にフルーツなどの風味を添加した「リキュール」の3種類のタイプがあります。

お菓子作りに使われるお酒は原則、全体量に対して少量しか使われないので、使うものは出来るだけ上質なものを選ぶ方が良いです。

 

*醸造酒………原料となる穀物や果実を、発酵させて作られるお酒。アルコール度数は5〜17%程度の物があります。

*蒸留酒………醸造して作られたお酒を蒸留(水の沸点は100℃、アルコールの沸点は約78℃、という沸点の違いを利用して、よりアルコール濃度の高い液体を作る作業)して作られるお酒。アルコール度数は20〜96%程度の物があります。

*リキュール………醸造酒や醸造酒に、様々なフルーツや香料を添加して作られるお酒(混成酒)。アルコール度数も様々な物があります。

 

 

《ブランデー》

果実酒を蒸留して作るお酒の総称です。

ただし、一般的に単にブランデーと言う場合には、ブドウから作るワインの蒸留酒の事を指して呼びます。

シロップやクリームなどの風味付けに使われます。

 

《カルバドス》

フランスノルマンディー地方にある特産の「シードル」と言う、りんごのスパークリングワインを蒸留して樽で熟成させたものです。

アップルパイなど主にりんごを使ったお菓子の風味づけに使われます。

 

《ラム酒(ダークラム)》

ラム酒は、もともとサトウキビの糖蜜を発酵させて作る蒸留酒です。

樽の中で長期間、熟成させた強い香りのものが、茶褐色のダークラムとして売られています。レーズンや栗との相性がとても良いです。

 

《ラム酒(ホワイト)》

ダークラムよりも発酵させる期間が短く、複数回蒸留させる事によって、諸々の成分が取り除かれ、クセが少なくなったタイプのラム酒です。

無色透明でババロアなどの冷菓の香り付けに使われます。

 

《フランボワーズのブランデー》

フランボワーズを原料とするフルーツブランデーです。その風味を活かして、ケーキやチョコレート、アイスクリームなどに使います。

 

《キルシュ》

さくらんぼを原料とする無色透明の蒸留酒です。ドイツ語ではキルシュワッサーと呼びます。

シロップやクリーム類の風味づけなどに多用されます。

 

《ウィリアムス・ポワール(洋梨のブランデー)》

主に「ウィリアムス種」の洋梨を原材料とするフルーツブランデーです。

この種の洋梨を使ったお酒は、フランスの法律の規定に沿って「ウィリアムス・ポワール」とも呼ばれます。

洋梨を使ったお菓子に使われます。

 

《アマレット》

杏(アンズ)の果実の核の部分をブランデーなどに漬け込んで、エッセンスを抽出してから砂糖や香味料を加えたリキュールです。

アーモンドとの相性が良く、主にアーモンドを使ったお菓子の風味付けに使います。

 

《コアントロー(ホワイト・キュラソー)》

「コアントロー」はフランス製のオレンジ・リキュールの商品名で、色は無色透明です。

オレンジの皮や花などで香りをつけたリキュールです。

オレンジを材料として使った生地やクリーム、シロップなどの香り付けに使います。

 

《グランマルニエ(オレンジ・キュラソー)》

「グランマルニエ」はフランス製のオレンジ・リキュールの商品名で、色はブランデーの様な琥珀色をしています。

コニャック(フランスのブランデー銘醸地で作られたブランデー)をベースにして、オレンジの皮からエッセンスを抽出してリキュールです。

お菓子作りでは、「スフレ・グラッセ」を始め、様々なお菓子の風味付けに使われています。

 

以上、本日はここまでとなります!

今日も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました😊

それではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています!

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようかにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと