仙台で生パスタが食べたい!La fleur de cerisierがおすすめ。小海老のクリームソース

2021/08/25 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のお店

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

○本日もフレンチのシェフが教える、【基本のパスタの作り方】と題しまして、本日も皆さまにも馴染みの深いスタンダードなパスタを、ご家庭でもちゃんと美味しく作る為の方法を伝授させていただこうと思います。

それではよろしくお願いします!

 

《小海老のクリームソース・フェットチーネ》

きしめんに似た『平打ち麺』である“フェットチーネ”は、太くて食べ応えのあるパスタなので、さっぱり味に仕上げるよりも、クリーム系などのしっかりとした味わいのソースと組み合わせるのがお勧めです。

 

*フェットチーネの茹で方

フェットチーネはロングパスタの1つの種類ですが、幅が広くて、厚みもあってコシが出やすいので、ショートパスタのゆで方を参考にして茹でます。

 

[材料](2人分)

・フェットチーネ   ………160g

・小海老       ………16匹

・玉ねぎ       ………1/4個

・グリーンアスパラガス ………4本

・ニンニク      ………1片

・生クリーム     ………80ml

・塩、コショウ    ………各適量

・エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル………適量

[下準備]

・小海老は殻と背ワタを取り除きます。

・玉ねぎは1.5cm角に切り揃えます。

・ニンニクはみじん切りにします。

・グリーンアスパラガスは根元をの固い不服は切り取り、茎の部分はピーラーなどを使い皮を剥いた後、小口切りに切り揃えます。

 

【ショートパスタ(フェットチーネ)の茹で方】

{①.たっぷりのお湯を沸かして、しょっぱくない程度の塩を加えます(0.8〜0.9%)。*必ず沸騰してから塩加減を確認します。

②.袋の表示時間よりも、1分ほど短くタイマーをセットし、パスタを入れます。パスタ同士がくっつきやすいので、再び沸騰するまでかき混ぜながら茹でます。

③.時間が経ったら食べてみて茹で加減を確認します。ロングパスタよりも噛み応えがあるので、芯を残した“アルデンテ”の状態にはしないで、ちょうど良い硬さに茹でます。

④.ざるにあげてゆで汁を切ります。ショートパスタはお湯が残りやすく、水っぽく仕上がる原因になるので、ロングパスタよりもしっかりと水気を切ります。}

 

[作り方]

①.上記のショートパスタの茹で方を参照に、鍋にお湯を沸かして、フェットチーネを茹で始めます。

②.冷たいフライパンに、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル大さじ2杯と、ニンニクみじん切りを入れて、弱火で加熱します。フライパンを揺すりながら、ニンニクを全体的にキツネ色に香ばしく色付けます。

③.玉ねぎとグリーンアスパラガスを、②のフライパンに加えて、中火にして炒めます。玉ねぎに火が通って透き通ってきたら小海老を加えてさらに炒めます。*小海老はプリっとした食感を残すために、火を通し過ぎない様にします。

④.塩、コショウ、とパスタの茹で汁少々、を③のフライパンに加えてら木ベラでフライパンの底にこびり付いた旨みをこそげとります。

⑤.生クリームを加えて軽く煮込みます。茹で上がったフェットチーネを、お湯を切ってフライパンに入れて、全体にソースが絡まるように混ぜ合わせます。*ソースがゆるくてフェットチーネに絡まない場合は、ソースを煮詰めて濃度を出します。

⑥.味を確認して大丈夫で有れば、仕上げにエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを回しかけて、器に盛り付け完成です、

 

[フェットチーネは]

パスタの原材料である『セモリナ小麦粉』に卵を加えて作られる、平たい面状のパスタです。クリームソースや、ボロネーゼソースなどの濃厚なソースによくあいます。

 

○ポイント

小海老は加熱し過ぎると固くなるので、プリっとした食感を出す為に、サッと火を通したら一度外に取り出して、仕上げにパスタと混ぜ合わせても良いです。

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^o^)

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント 

 

あなたを応援しています!

 

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町 #五橋通り

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと