人気のお店はラフルールドスリジエ。宮城の日本酒④

2021/04/01 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

【食材王国みやぎ〜日本酒編〜】パート4

先日、お客様から美味しい日本酒を頂戴しました。

普段は、お店でワインをオススメしておりますが、日本酒も実は飲むんです。(お酒は、それほど強く無い私です)

そこで今日は、宮城県が誇る日本酒の蔵元と、地元でしか飲めない日本酒を、ご紹介したいと思います。第4回目になり、今回でとりあえずは最終回となります。

 

◎登米市(トメシ)

《石越酒造》(イシゴエシュゾウ)

・純米大吟醸 澤乃泉(サワノイズミ)

宮城県の県北に位置する「登米市」は、古くから稲作が大変盛んな土地です。

そして、この地で採られた良質なお米と、深い井戸から汲み上げた、中軟水で醸される澤乃泉は、淡麗でかつ気品の有る飲み口です。

南部杜氏の技術を受け継いだ杜氏が造る日本酒は、その丁寧な造りとこだわりから、飲み手の心をくすぐる仕上がりになります。

 

◎富谷市(トミヤシ)

《内ヶ崎酒造》(ウチガサキシュゾウ)

・鳳凰(ホウオウ)特別純米酒源氏

1661年(寛文元年)に創業の、老舗中の老舗酒蔵です。

創業以来、自然の寒さを利用した「寒仕込み」によって造られており、特に少量生産ながらも、味わいにこだわった高級な日本酒造り続けています。

伝統に裏打ちされた手作りの技術は、外国からの注文も来るくらい、評価も人気も高い逸品です。

 

◎柴田郡村田町(シバタグン、ムラタマチ)

《大沼酒造店》(オオヌマシュゾウテン)

・乾坤一(ケンコンイチ)特別純米[辛口]

宮城県内産のお米「ササニシキ」を使用しています。

「乾坤一」の名前の由来は、『天地を潤すほど満足を与える酒であれ!』という、造り手の願いが込められております。

まさに海の幸、宮城の新鮮な魚介料理と合わせれば、お互いの味を引き立て合い、山の幸、仙台牛などのお肉料理と合わせれば、サッパリとした飲み口になり、様々なシチュエーションでも楽しめる食中酒です。

 

◎白石市(シロイシシ)

《蔵王酒造》(ザオウシュゾウ)

・純米大吟醸 蔵王昇り龍(ザオウノボリリュウ)

蔵王連峰の伏流水などの自然の恵みを活かした、丁寧な酒造りが信条の酒蔵です。

その中でも、低温でじっくりと仕込んだ「蔵王昇り龍」は、全米で開かれた「日本酒鑑評会」にて、2年連続の金賞を受賞しました。またそれ以外にも数々の国内外の賞を総なめにし、海外にもその名前を轟かせています。

 

◎名取市(ナトリシ)

《佐々木酒造店》(ササキシュゾウテン)

・純米酒 閖(ユリ)

伝統を受け継ぎならも、新しい時代の酒造りに、果敢に挑む酒蔵です。

2011年の東日本大震災で、甚大なる津波被害を被った「名取市の閖上地区」。

そんな大きな挫折からの、復興への想いを故郷である、「閖上(ユリアゲ)」から一文字を取り、命名しました。

このお酒には、日本酒造りにかける想いと、地元への愛が込められた逸品です。

 

◎仙台市泉区福岡(センダイシ、イズミク、フクオカ)

《仙台伊澤家  勝山酒造》(センダイイザワケ、カツヤマ酒造)

・純米吟醸 献(ケン)

仙台藩主伊達家の御用蔵として、現存する唯一の酒蔵です。

滑らかな飲み心地の「献」は、世界最大規模の市販酒鑑評会『SAKE  COMPETITION』にて2年連続の日本一を獲得しました。海外からの引き合いもあり、これから益々楽しみな日本酒です。

 

◎黒川郡大和町(クロカワグン、タイワチョウ)

《大和蔵酒造》(タイワグラシュゾウ)

・雪の松島 純米大吟醸

平成8年に山形県高畠町(タカハタチョウ)から、宮城県の大和町に移転して来た、老舗の酒蔵です。

近年では、東北屈指の近代ブランドを誇る蔵元にまで成長しました。華やかな香りと、深みのある味わいの「雪の松島」以外にも、多彩な日本酒を取り揃えています。

 

以上、本日はここまでです!

宮城が誇る「日本酒の世界」

スーパーなどで見かけたら、ぜひお手に取ってみてくださいませ(^^)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと