美味しいお店ラフルールドスリジエ。宮城の日本酒②

2021/03/30 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

 

【食材王国みやぎ〜日本酒編〜】パート2

先日、お客様から美味しい日本酒を頂戴しました。

普段は、お店でワインをオススメしている自分ですが、日本酒も実は飲むんです。(お酒は、それほど強くはないですが)

そこで今日は、宮城県が誇る日本酒の蔵元と、地元でしか飲めない日本酒を、ご紹介したいと思います。そのパート2になります^ ^

◎宮城県 大崎市(オオサキシ)

《一ノ蔵酒造》(イチノクラシュゾウ)

・一ノ蔵 特別純米酒 辛口

大崎市の松山という場所にある、創業50年ほどの、酒蔵としては比較的新しい蔵元です。その一ノ蔵で作られる特別純米酒(辛口)は、お米本来の甘味と、柔らかな旨味がバランス良く溶け込み、上品でかつ深みのある味わいを醸し出します。

和食料理との相性が良く「冷や」から「熱燗」まで、どの温度帯でも楽しめるのが特徴です。ぜひ洗練された辛口の味をお楽しみくださいませ。

 

《宮寒酒造》(ミヤカンシュゾウ)

・宮寒梅(ミヤカンバイ) 純米吟醸45%

宮寒酒造は、家族経営の小さな酒蔵ですが、そこから醸される日本酒は、自社の田んぼで栽培されたお米の、しっとりとした甘さが感じられます。春を心待ちにする東北の味わいは、カジュアルで飲みやすく、日本酒が初めての人でも、ぜひ手に取って飲んで貰いたいお酒です。

 

《田中酒造店 大崎蔵》(タナカシュゾウテン オオサキクラ)

・荒雄 純米酒(アラオ ジュンマイシュ)

宮城県の中でも米所として特に有名な、大崎市古川で礎(イシズエ)を築いた酒蔵です。現在では「田酒造店」の大崎工場として、その伝統を継承しています。

良質な宮城県産米と、奥羽山からの伏流水で仕込まれる純米酒は、飲み飽きることの無いスッキリとした味わいになっています。

 

《森民酒造店》(モリタミシュゾウテン)

・純米 もりいずみ

明治16年(1883年)創業の酒蔵です。当時からの店舗、釜場、酒造蔵、を今なお使い続けている酒蔵です。良質な井戸水を使いながら、昔から伝わる製法で仕込まれた純米酒です。味わいはとても芳醇で、甘口です。

長期間熟成させた古酒も取り扱う、老舗が作る日本酒です。 

 

《新澤酒造店》(ニイザワシュゾウテン)

・伯楽星(ハクラクセイ)純米吟醸

「荒城の月」を作詞した詩人の「土井晩翠」が、愛した「愛宕の松」を醸造する、名だたる蔵元です。

彼らが目指すのは“究極の食中酒”であり、『伯楽星』は、その特徴を良く表しています。

味わいとしては、甘さは控えめにし、料理の邪魔をしない、むしろ引き立たせる様な繊細な味わいに仕上がった日本酒です。

 

《橋平酒造店》(ハシヘイシュゾウテン)

・純米 平之丞(ジュンマイ、ヘイノジョウ)

操業約220年余りもある、宮城の老舗蔵元です。委託酒造によって伝統よ味わいを現代に守り継いでいます。

代表銘柄の「平之丞」は、さらりとした口当たりで、酸味と辛味のバランスが良く、余韻を長く楽しめる日本酒になっています。

 

◎栗原市(クリハラシ)

《一ノ蔵金龍蔵》(イチノクラキンリュウクラ)

・金龍 純米吟醸

一ノ蔵酒造の、第二の酒造蔵です。

昔ながらの酒造りを大切にした“金龍蔵”は、文久2年(1862年)創業の、とても歴史のある蔵元です。

小仕込みで、丁寧に作られた純米吟醸酒は、穏やかな吟醸香と、滑らかな味わいを持ち、冷やでも、温めの燗にしても、その個性を引き出す事が出来る酒です。

 

以上、本日は宮城の美味しい日本酒についてのお話しでした!

また次回も続きます!最後までお読み頂き、有難うございました^_^

それでは(╹◡╹)

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと