仙台で伊達豚のパテが食べられるお店ラフルールドスリジエ 。パテのパイ包み焼き

2021/03/23 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

今日は、明日は熱々のパイ包み焼きをご紹介します!

作り方は難しく有りませんので、ぜひお試し下さいませ( ^ω^ )

 

【Petit pâte de viande  小さなパテのパイ包み焼き】

牛肉と豚肉で作った小さなパテを、丸いパイで包んでオーブンで焼き上げた、メインディッシュにも成る一品です。

ジューシーなお肉と、サクサクと香ばしく焼き上げたパイには、お好みで赤ワインソースなどの、まろやかな甘味のソースを合わせると良いです。

 

[材料]

○挽き肉のパテ

a.牛挽き肉    ………250g

a.豚挽き肉    ………150g

a.玉ねぎ     ………30g

a.生椎茸     ………25g

a.たけのこ水煮  ………10g

a.ピスタチオ(皮を剥いた物)………10g

a.パセリ     ………4g

a.ナツメグ    ………少量

a.無塩バター   ………適量

a.塩       ………4g(1%)

a.コショウ    ………適量

・折り込みパイ生地(冷凍品)………800g

・溶き卵     ………適量

 

[作り方]

○小さなパテを作ります

①.aの玉ねぎ、生椎茸、たけのこ水煮は、それぞれ、5mmくらいの小さな角切りにします。パセリは細かくみじん切りにし、ピスタチオは粗くみじん切りにします。

②.切ったたけのこ水煮は、塩茹でします。切った玉ねぎと生椎茸は、フライパンにバターを入れて、中火〜弱火の火加減で、しんなりするまで炒めます。そこに塩茹でした、たけのこ水煮を加えて、軽く混ぜ炒めます。炒めたら冷まして置きます。

③.ボウルに②と、それ以外のa.の材料を、全て入れます。挽き肉に含まれている油脂が溶け出さない様に、ボウルを冷やしながら、こね合わせます。全体に粘り気が出て、具材が良く繋がる様に成ったら、4等分にします。後はハンバーグを成形する要領で、両手の平に交互に叩きつけて、空気を抜きます。(具材の中に空気が有ると、加熱した時に穴ができる)

○パイ生地で包んで焼く

④.パイ生地を、一辺が15cm角の正方形に切ります。これと同じパイ生地を8枚作り、冷蔵庫で冷やして置きます。オーブシートに生地を乗せて、その真ん中に丸くまとめた③のパテを置きます。パテの周りのパイ生地に、接着用の溶き卵をハケで塗ります。その上に、もう一枚のパイ生地を45℃にずらして被せます。上下のパイの接着面を、指で押し付ける様にして、しっかりとくっ付けます。

⑤.同じ物を4個作り、冷蔵庫で1時間ほど固めます。固まったら、直径10cmの円形のセルクル(型)で抜き取ります。抜き取った円形のパイ包みに、包丁を使って放射状に模様を付けていきます。さらに生地の表面に艶を出す為に、溶き卵を塗ります。

⑥.放射状の模様を付けて溶き卵を塗ったパイ包みの頂点部分に、中央に空気を抜くための小さな穴を開けます。そこにオーブンシートなどで筒状に丸めた物を差し込んで置きます。これは肉汁が表面に流れ出さない様にする為です。

⑦.200℃のオーブンに入れて、約z20分間焼きます。生地の縁が盛り上がって来て、全体に焼き色が付いてきます。金串を中心部分まで刺してみて、10秒数えた後に唇の下に当てます。ビリビリと熱さを感じれば火が入った証拠です。

○盛り付けます。

⑧,お皿に盛り付けて、お好みで赤ワインソースを掛けます。セルフィーユやシブレットなどのハーブを添えて完成です。

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読みいただき有難うございました(^ω^)

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと