フレンチの仙台でおすすめのお店はラフルールドスリジエ。ローストチキン❶

2021/03/19 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

【Poulet rôti au jus ローストチキン❶】

今日は、フランス料理の調理技法の1つ「rôti ロティ」(ロースト)を代表する料理をご紹介したいと思います。

やはりハレの日のメインディッシュと言えば、鶏を丸ごと一羽焼かれた〈ローストチキン〉ですね。

ローストチキンの魅力は、香ばしく焼かれたパリパリの皮と、しっとりジューシーな身の旨みです。いつもの鶏肉が、焼き方次第で美味しさも倍増します。

また、モモ肉と胸肉との味わいの違いも楽しみましょう。

今回ご紹介する『ローストチキン』は、説明が長くなりますので、2回に分けてご紹介したいと思います。それでは参りましょう!

 

[材料]

・骨付き丸鶏(内臓抜き約1.4kg位)              ………1羽分

・塩、コショウ  ………各適量

○ソース(ジュ・ド・ロティ)

a.玉ねぎ   ………30g

a.人参    ………30g

a.セロリ   ………30g

a.ニンニク  ………1片

a白ワイン  ………100ml

a.フォン・ド・ヴォライユ(鶏の出し汁)   ………250ml

a.ブーケ・ガルニ       ………1束

a.無塩バター(モンテ用)………10g

a.塩、コショウ   ………各適量

○トマトのプロヴァンス風

b.トマト(中玉)  ………4個

b.ニンニク     ………1片

b.パセリ      ………10g

b.オリーブオイル  ………適量

b.塩、コショウ   ………各適量

○付け合わせ(絹さやとベーコンのソテー)

c.絹さや    ………60g

c.ベーコン   ………40g

c.無塩バター  ………10g

c.クレソン   ………1束

c.塩、コショウ ………各適量

 

〈調理のポイント〉

・鶏を糸で縛るか(フィスレと呼びます)、縫って(ブリデと呼びます)形を整えます。

・塩、コショウは、表面だけでは無く、お腹の中にもします。

・首ヅル部分と、足先を一緒に焼き上げる事で、旨みを食える様にします。

・オーブンに入れて焼いている間も、時々取り出して、下に溜まった焼き汁を、レードルですくい取って、上から流しかけて、じんわりと中まで加熱させます。(アロゼと呼びます)このアロゼと呼ばれる作業を行う事で、鶏肉の表面を油脂で覆う事が出来るので、乾燥も防ぐ事が出来ます。

*焼いている間に、時々オーブンから取り出して、天板に溜まった油脂をレードルなどで、鶏に上から流し掛けます。

コレは鶏の表面を、油脂で覆う事で、鶏肉の乾燥をお抑えて、加熱も促進するためです。

・香味野菜は、火が通るタイミングを見計らって加えます。

・温かい場所で、しばらく休ませます。

・鍋にこびり付いた旨みを利用して、ソースに仕上げます。

*鶏肉を焼いた鍋の底には、鶏肉の旨みが溶け込んだ、焼き汁が溜まっています。この焼き汁が焼き固まったところに、水分を加えて加熱すると、こびり付いた焼き汁を煮溶かす事が出来ます。この旨みが入った煮汁をソースに活かすのです。

 

 

と言ったところで今回はこれまでです。

次回は、工程手順をご紹介して参りたいと思います。

本日も最後までお読みいただき、どうも有難う御座いました!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと