仙台でテイクアウトが出来るフレンチのお店ラフルールドスリジエ 。ローストビーフの作り方①

2021/03/14 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

前回のブログでは、フランス料理の調理方法の1つ【ロティール(ロースト)】という調理方法をご紹介いたしました。

そこで今日は、そのロティール(ロースト)をして調理された料理をご紹介したいと思います。

【Bœuf rôti aux pommes de terre ローストビーフ】

言わずと知れたローストの代表的な料理です。

表面は香ばしく焼き上げて、中心部分はジューシーでピンク色に仕上げます。

オーブンでこんがりと焼き上げたローストビーフには、伝統的な付け合わせの「ヨークシャー・プディング」と、「ホース・ラディッシュ」のソースを添えました。

このローストビーフの作り方は、2回に分けてご説明したいと思いますので、よろしくお願いします。

 

*ヨークシャー・プディングとは

イギリス(イングランド)にあるヨークシャー地方で生まれた家庭料理です。プディング(プリン)と言っても、牛乳と生クリームを卵で固めたお菓子のプディングでは無く、小麦粉と牛乳、卵を混ぜ合わせた生地を焼いて作る、「シュークリームの皮」の様な料理です。元々は、ロースト・ビーフを焼き上げる際に、お肉から染み出てくる旨みの詰まった肉汁を、余す事なく味わう為に考案された付け合わせです。今ではローストビーフに添える、定番の付け合わせ料理の1つに成っています。

*ホース・ラディッシュとは

アブラナ科の耐寒性の多年草の事です。フランスでは「レフォール」と呼ばれていて、お肉料理のアクセントとして用いられます。また日本名では「西洋ワサビ」と呼ばれています。それいがにも別名では「ワサビ大根」や「山ワサビ」とも呼ばれます。見た目は白く、まさに小さな大根のようにも見えます。ただ味わいは、日本のワサビの様に、鼻にツーンと抜ける様な辛味を感じる風味です。主にすり下ろされて、ホイップした生クリームなどに混ぜて提供されます。

 

[材料]

・牛モモ肉   ………2kg

・無塩バター  ………40g

・サラダ油   ………100ml

・塩、コショウ ………各適量

○グレービーソース

・玉ねぎ   ………100g

・人参    ………100g

・セロリ   ………100g

・ニンニク  ………2片

・白ワイン  ………250ml

・フォン・ド・ヴォー ………500ml

・ブーケ・ガルニ    ………1束

・塩、コショウ  ………各適量

○ヨークシャープディング

・卵     ………2個

・小麦粉   ………1カップ

・牛乳    ………200ml

・ローストビーフの焼き汁 ………大さじ2杯

・無塩バター(グラタン皿用)………10g

○じゃが芋のロースト

・新じゃが   ………4個

・ローズマリー ………1枝

・塩、コショウ ………各適量

○ホースラディッシュのソース

・ホースラディッシュ………50g

・粒マスタード  ………大さじ1杯

・砂糖      ………大さじ1杯

・白ワインビネガー………大さじ4杯

・生クリーム   ………200ml

・クレソン    ………適量

・塩、コショウ ………各適量

*調理のポイント

1.牛モモ肉は、あらかじめ室温に戻しておきます。

2.牛モモ肉にはサラダ油をまぶします。

3.お肉は塊りで焼いて、流れ出た焼き油をすくって、上からかけて均一に色付けるようにします。

4.牛モモ肉は、オーブンで焼き上げた時間と同じ時間くらい休ませます。

5.グラタン皿についた旨みを逃さずソースに活かします。

 

と言ったところで、第一回目のローストビーフの作り方は、ここまでとなります。

最後までお読みいただき有難う御座いました!

あしたもローストビーフの作り方をご紹介したいと思いますので、ぜひご覧下さいませ!

それでは(^ν^)

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと