仙台駅前でオシャレ歓送迎会はラフルールドスリジエ 。フランス料理のハーブ

2021/02/27 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

フランス料理の作り方を見ていると、しばしば、日本では余り見慣れない言葉や、知らない食材が登場します。

そこで、そんな難しいフランス料理の食材を、幾つかご紹介したいと思います。

その中で今回は、ハーブ(香草)のご紹介です。

それでは本日もよろしくお願いします。

 

〈ブーケ・ガルニ〉

煮込み料理などの臭み消しや、好ましい香りを抽出する為の、ハーブの束です。フォン(出汁)やソースにも加えられて、煮込む時もあります。

タイム、ローリエ、パセリの茎、など、複数のハーブを束にします。後から取り出しやすい様に、さらしに巻いたり、ポワローの緑色部分などを、使って巻いて縛ります。

〈フィーヌ・ゼルブ〉

一般的には、[セルフィーユ、エストラゴン、シブレット]を刻んで混ぜ合わせた物が多いです。ハーブの組み合わせや配合は、使う目的によって使い分けます。ソースの香りや彩り、最後の仕上げとして、お魚料理の飾りとなります。

〈エルブ・ド・プロヴァンス〉

フランス語で「プロヴァンス地方のハーブ」という意味です。[タイム、せーし、ローリエ、サーポリー、ローズマリー、フェンネル]などのハーブが、程よくブランドされています。お肉料理の臭み消しにも最適なので、下味をつける時に混ぜ込みますを

〈ローズマリー〉

シソ科の常緑樹です。ほろ苦くて、清涼感のある香りです。仔羊や豚肉、うさぎ、などのローストや、煮込んだ料理との相性が抜群です。香りがとても強いので、臭みのあるお肉の下処理や、パンに混ぜ込んで食べられたりします。

〈ローリエ〉

月桂樹の葉っぱです。別名で「ローレル」、「ベイリーフ」とも呼ばれています。乾燥した物が、一般的でよく流通しています。ソースにシチュー、スープ、やお肉の煮込み料理など、長時間火を通す料理に効果的です。ブーケガルニの中にも、よく加えられます。

〈ミント〉

ハッカと呼ばれる、とても清涼感のあるハーブです。ミントの種類は、25種類ほどあり、繁殖力がとても強いです。デザートの飾りの他、リキュールやハーブティーにも利用されます。

〈バジル〉

インドが原産の、シソ科の植物です。イタリアでは「バジリコ」とも呼ばれています。トマトとの相性が凄く良くて、イタリア料理には欠かせず、何かと重宝されます。ピューレにすると鮮やかな緑色のピューレになるのてで、スープやパスタなどに用いられる事が多いです。

〈ディル〉

せり科の植物です。お魚料理との相性が良くて、鮭のマリネやニシンなどの酢漬け、ピクルスの香り付けに使われます。種子もスパイスとして使われる他、じゃが芋とま相性が良いです。

〈タイム〉

地中海の沿岸が原産のシソ科の植物です。加熱しても香りが飛びにくくて、使いやすいハーブです。パセリやローリエと同じく、ブーケガルニの中身の材料として、欠かせないです。

〈オレガノ〉

地中海沿岸の地域原産で、シソ科の植物です。独特の甘い芳香があり、ほろ苦さも感じられます。トマトとの相性が良く、イタリア料理や、フランス、プロヴァンス料理とかでは大変よく使われます。

〈エストラゴン〉

タラゴンとも呼びます。よもぎと同じ、キク科の植物です。爽やかな香りが強く、フレッシュなままお酢に漬けて、香味酢を作ったり、葉っぱを刻んで、様々なソースに加えます。鶏料理との相性が良いです。

 

以上、本日はこれまでとなります。

フランス料理の食材の呼び方など、知っていただけたでしょうか?

最近では、スーパーでも見かける食材も増えてきました。

ぜひ試しに、ご家庭でもお使い頂ければ幸いです!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと