仙台でのおしゃれ歓送迎会はラフルールドスリジエ 。フランス料理の食材①

2021/02/21 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日は、フランス料理の食材や調味料などで、日本ではあまり聞き慣れない物を、ご紹介したいと思います。

それでは早速参りましょう。

 

〈ズッキーニ〉

カボチャの一種です。皮が緑色をしたものと、黄色のものとが有ります。食感や味わいは日本のキュウリに似ていますが、生で食べるのには向かないです。春頃に出回る花付きのズッキーニは、天プラにしたり、花の中に詰め物をして、蒸し焼きなどに調理されます。

〈ポワロー(ポロネギ)〉

別名で「リーキ」とも呼ばれます。日本の長ネギよりもだいぶ太くて、青い部分は固めで、ブイヨンなどの香り付け用として、ブーケガルニなどに使い、白い部分は、加熱してたべられます。加熱する事によって甘味が出ます。それ以外にもマリネなど、様々に調理されます。

〈ジャンヌ・ポワロー〉

上記のポワローを、若くて細いうちに収穫された物です。青い部分も柔らかく、加熱して食べられます。味わいにもクセが無いのが特徴です。

〈ジロール〉

日本ではあまり馴染みが有りませんが、フランスではポピュラーな「アンズタケ科のキノコ」です。香りがフルーツの杏に似ている事から、日本名は「アンズタケ」と呼ばれています。オレンジ色の身をしていて、厚みがあります。肉質も締まっていますので、ソテーやオムレツに混ぜて提供されます。

〈モリーユ〉

日本名は「アミガサタケ」と呼ばれるキノコです。笠に蜂の巣状の孔(あな)がたくさん有ります。春に採られて香りが良いキノコです。生で市場に流通する事はとても珍しく、ほとんどが乾燥品として出回ります。乾燥品は水で戻してからソテーしたり、クリーム煮込みなどにしたりして使われます。

〈ピエ・ブルー〉

ムラサキシメジの一種のキノコです。日本語に訳すと「青い脚」と呼ばれる名前の通り、軸の部分が、淡い青紫色をしています。肉質は柔らかくて、加熱すると風味が増します。ソテーなどに使われます。

〈シャンピニオン(マッシュルーム)〉

世界中で一番よく使われる栽培種のキノコです。一般的には白い物が主流ですが、茶色をしたブラウンマッシュルームもあります。肉厚で歯触りがよく、淡白な風味をしています。生のままでもサラダに混ぜて食べられたりします。その他にも茹でたり、ソテーして使われます。

〈黒ラッパ茸〉

ジロール茸と同じく「アンズタケ科のキノコ」です。笠がラッパのように開いているので、そう呼ばれます。灰色から黒色をしています。肉質は固くて香りが良いです。フレッシュの物と、乾燥品と冷凍品とが有ります。いずれもフランスから輸入されています。

〈セープ〉

日本では「やまどり茸」と呼ばれています。ちなみにイタリアでは「ポルチーニ」と呼ばれているのがそれです。「イグチ科のキノコ」です。香りが高くて、味もよく、高級なキノコの部類に入ります。笠が大きくて軸も太く、肉厚です。そのままソテーとして、またクリーム煮込みに加えて調理されます。

 

以上、本日はこれまでとなります。

次回のブログに続きます!

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました(^ω^)

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと