送別会が出来る仙台でおしゃれなお店はラフルールドスリジエ 。牡蠣グラタンのシャンパーニュ風味

2021/02/12 ブログ

◎仙台フレンチ.シェフのブログ

【仙台駅】から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

仙台市地下鉄“東西線”【青葉通り一番町駅】から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

宮城県の冬の風物詩と言える食材の一つに『牡蠣』が有ります。

特に石巻(イシノマキ)や松島と言った南三陸沖に広がる牡蠣の養殖場では、とても美味しく栄養価の高い牡蠣を生産されている事で有名ですね。

また、フランスでもブルターニュ地方を始めとした大西洋沿岸部でも、牡蠣は特産品として地元の人達に親しまれております。

さらに実は宮城県の牡蠣とフランスの牡蠣の間には、とても深い繋がりがあります。

それは1963年に、フランスのブルターニュでの牡蠣が、病気により壊滅的なダメージを受けました。そしてその時に、新たな牡蠣種として日本から送られた牡蠣が、宮城県の牡蠣だったのです。

そんな、日本でもフランスでも、食文化の中では欠かせない牡蠣料理を、今回はご紹介したいと思います。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

 

【牡蠣のシャンパン仕立て】

[材料]4人分

・殻付き牡蠣   ………12個

○ソース

・シャンパーニュ(無ければスパークリングワイン)   ………400ml

・エシャロット(玉ねぎでも可)………40g

・生クリーム  ………100ml

・ソースオランデーズ(卵黄と澄ましバターてわ作るソース。前回ブログにて解説してあります) ………200ml

○ほうれん草のバターソテー

・ほうれん草 ………250ml

・無塩バター ………25g

・塩、コショウ  ………各適量

 

[作り方]

①.牡蠣は殻を外して、身と汁を取り出します。くぼみの深い方の殻を水で洗い流して、器に使います。

②.鍋にシャンパーニュとみじん切りにしたエシャロットを加えて、約50mlくらいになるまで煮詰めて、仕上げに生クリームを加えます。牡蠣の汁の塩味を確認してから、適量を加えます。

③.そのまま②を数分間、煮詰めて、シノワなどの漉し器で漉します。再び火にかけて、再び沸騰したら、牡蠣の身を加えて弱火にし、身がふっくらとするまで軽く火を通します。

④.火が通った牡蠣の身を取り出して、煮汁を火から下ろします。そこにソース・オランデーズを加えて、塩で味を整えます。

⑤.〈ほうれん草のソテーをつくります〉ほうれん草は水で洗ってから塩茹でし、茎の根元を切り落とします。さらに2cm幅に均等に切り揃えます。フライパンを加熱してバターを溶かし、水気をしっかりと絞ったほうれん草を加えます。全体がしんなりするまで炒めて、最後に塩、コショウで味を整えて完成です。

⑥.牡蠣の殻にほうれん草のソテーを敷きます。その上に牡蠣の身を乗せて、上からソースを掛けます。仕上げに表面をバーナーで炙って完成です。

牡蠣を使った料理は、フランスでも様々な種類があります。

今回は、グラタン仕立ての1つをご紹介いたしました。ソースを掛けてから最後にバーナーで炙るのは、表面に香ばしい色合いを付ける為ですので、バーナーが無い場合には、220℃くらいの高温のオーブンで3〜5分ほど焼き上げると良いです。

次回も色々な牡蠣料理をご紹介出来ればと思います。

最後までお読み頂きどうも有難うございました!

以上、本日はここまでです!それでは

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai  #miyagi  #仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任 #裏一番町

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと