仙台のクリスマスディナーはラフルールドスリジエ 。コース料理

2020/11/20 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

 

今日は、もうすぐクリスマスですが、せっかくのクリスマスは、ディナーコースをレストランで食べたいと思われる人も多いと思います。

そこでコース料理を食べる時の1つの疑問点。

コース料理で提供されるお料理の順番は、どの様にして決まっているのでしょうか?

という事について少しお話しをしたいと思います。

 

フランス料理のコースメニュー(一例)

①アミューズ

・小海老と生牡蠣のカクテル

②オードブル

・フォアグラのテリーヌと焼き茄子のマリネ

③スープ(パン)

・栗かぼちゃのポタージュスープ

(プチパン、バゲット)

④お魚料理

・ヒラメのムニエル〜ソースマリニエール〜

⑤季節のグラニテ

・レモンのソルベ

⑥お肉料理

・牛フィレ肉のロッシーニ風

⑦チーズ

・チーズの盛り合わせ

⑧デザート(コーヒー)

・ブッシュ・ド・ノエル

(コーヒー)

【フランス料理のフルコースでは、肉より魚を先に出す理由】

お魚料理とお肉料理、単純にそれぞれの料理の味わいその物を楽しむだけなら、どちらから先に出しても差し支えない訳です。

事実として、日本料理や中華料理では、色々な料理を交互に食べる事が出来るようになっています。

しかしながら、前菜から始まってデザートで終わるフランス料理のコースでは、いわばコース料理全体を、1つの料理として考えられているのです。

そういう意味では、中華料理がコースの中の1つ1つの料理に、かなり独立性を持たせているのとは対象です。

味わいというのは、舌という感覚器官で受け止める1つの刺激で、その刺激が味覚神経を経て脳に伝えられた時に、自分達はそれを「甘い」とか「辛い」とからあるいは「美味しい」、「不味い」と判断する訳でなのです。

舌に感じる刺激は、ただ単純に「甘い」とか「辛い」という分かりやすい味ばかりだけでは無く、「熱さ」や「冷たさ」、または「硬さ」と「柔らかさ」、「粘り気」、「弾力性」、「滑らかさ」、などの物理的なせいしつも、化学物質からくる味わい以上に、美味しさを支配します。

さらには食べる側の健康状態や、空腹感といった生理的な条件、および料理の「色」、「香り」、「形」、「盛り付け」、『店内の環境』、『一緒に食べる人』と言った心理的な条件も美味しさに大きく関係する事は、皆さんが感じる所だと思います。

 

フランス料理のコースと言うのは、これらの条件を完全に整える為に、お客様の迎え方に始まって、テーブルクロス、テーブルに飾る生花から、座席の配置に至るまで、数百年にわたり数々の料理人達が研鑽を積み、完成された1つの秩序の中で、その約束事に基づいて提供されてきました。

そしてコース料理の順番も、おのずと体系的に作られて来たわけです。

なので先に記したコース料理の一例は、その典型的な形になります。

このコース料理の中で、お魚料理がお肉料理よりも先に提供されるのは、メインのお肉料理が、コース料理では1番味わいが強く濃厚になるので、お肉よりも淡白な味わいのお魚料理を先に出すのです。

こうする事によって、味覚が薄い料理から濃い料理へと移行して、それぞれのお料理をより良く美味しく味わい切る事が出来るのです。

この順番を逆にしてしまうと、味の強いお肉料理に味覚が慣れてしまい、その後に食べる淡白なお魚料理が、全く物足りなく感じてしまうのです。

 

 

以上、本日はここまででした!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます😊

それではまた!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと