仙台め秋と言えば焼き芋と芋煮、BBQですね!

2020/10/06 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日は秋になると食べたくなる食べ物のお話しです。そう!焼き芋ですね?

という事で本日のテーマは【美味しい焼き芋】の話しです。

 

そもそも調理方法で言うところの「焼く」という加熱方法は、材料の表面と内側の温度の差が大きい事が特徴の1つです。

表面の温度が200℃以上の高い温度に包まれても、食材内部の温度は100℃を超えていない事がほとんどです。

またさつま芋の様に形が大きく、しかもでん粉質の食べ物を焼こうとする時には、でん粉の糊化(α化)が完全に終わるまで、中心部まで充分に火を通す事が必要ですが、それでは表面部分が黒焦げになってしまいます。

そこで、外側の表面部分と内側の中心部分の温度差を出来る限り小さくして、ゆっくりと加熱出来る様に、100℃を少し超える程度の温度の石の中に長い時間、埋めておくわけです。

ちなみにさつま芋が加熱されて少しずつ温まっていくと、さつま芋に含まれるでん粉分解酵素(アミラーゼ)の作用も活発になり、麦芽糖やブドウ糖が増えますので、甘みも増加していくのです。

この様に、「焼く」という調理方法でも、直火で焼くだけではなく、石焼き芋の「石」の様に、火から食材までの間に熱の中継物として、色々な物が使われる事が多いのです。

他にも直火焼きで使われる「網」や、ステーキなどをお皿代わりに乗せる「鉄板」、またフライパンや鍋も、熱の中継物です。

またこれらの中継物を使った焼き方の事を、直火焼きに対して「関節焼き」と呼びます。

 

 

また焼き芋とは別に、キャンプや芋煮会の機会に行われるBBQなどでは、様々な物が炭火焼きや、直火、または関節焼きで焼かれますね。

そこでちょっとしたライフハックをご紹介したいと思います。

例えば、ハマグリやホタテ、牡蠣などの貝類は、身が大きな殻の真ん中に入っている。という訳では無いです。

口を開いた時に分かると思いますが、貝柱がいずれの貝類も片側に張り付いています。

この身が張り付いている方が下側になります。(つまり裏側です)

コレを反対に置く(身が付いている方を上にする)と焼き上がって殻が開いた時に、旨味の詰まった汁が溢れてしまい、また身まで焼き上がっていない事もあります。

なので必ず身が付いた方を下に置く様にしましょう。

ただ裏と表は外から見たら、一見解りづらいのですが、貝によっては見分ける事が出来ます。

例えばハマグリの場合は、貝の蝶つがい部分を下にして垂直に立てます。そして手をはなすと、身の入った方が重いのでそちら側に転がります。(倒れる)

また、牡蠣は殻の蓋側は平らになっており、年輪の様な模様が寄っている方に貝柱が付いています。

また貝類を焼く時は、殻の外からの加熱で、殻その物は一種の「鍋」の役割を果たします。(間接焼き)

中身の方は、いわば煮たり蒸したりするのと同じ状態になります。貝の中に含まれる水分が、煮汁の代わりになるので、そうした意味でも、必ず身の付いた方を下側にして加熱する必要があるのですね。

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読み頂きありがとうございました(^_^)

ではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと