仙台フレンチシェフのブログ。関西フランス料理史90年代編

2020/08/30 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日も日本のフランス料理史のお話しを致します。

その中でも今日は、関西のフランス料理事情です。以前も関西のフランス料理は、ブログでご紹介いたしましたが、1990年以前の歴史についてのお話しでした。

なので今回は1990年以降の関西フレンチ事情になります。

 

1980年代までは、関西のフランス料理界はホテルがけん引してきた時代でした。

そして街場にも新進気鋭のシェフ達がレストランをオープンさせていき、個人でやるレストランも徐々に増えていきます。

 

それが1990年代に入ると、一気に事情が変わります。

1990年に渋谷圭紀氏が、『ラ・ベカス』をオープンします。渋谷氏は、日本では全く修業をせずに、フランスの『アラン・シャペル』『ポール・ポギューズ』『ジョエル・ロブション』という、ミシュラン星付きの巨匠達の元で修業していた経験が話題になりました。

 

そして1990年代半ばになると、バブル景気で沸いていた日本経済に、陰りが見え始めます。するとフランス料理界でも、レストランからビストロ形態の、リーズナブルなフランス料理店を目指すシェフ達が、独立して開業していく様になります。

大阪、京都、神戸、と様々なお店が次々オープンし、関西はビストロ百花繚乱の時代へと向かっていきます。

かつて辻調理師専門学校の創設者「辻静雄」氏が自身の著書で〈パリの居酒屋(ビストロ)〉という名前の本を出しました。

当時の日本には、ビストロという物の存在がほとんど知られていない時代でした。

この時の「ビストロ」というお店の形態を「居酒屋」という風に表現したのは、上手かったと思います。

何故なら、レストランとビストロでは、料理も違えば、サービスのシステムも違います。

非日常と日常、フォーマルとカジュアルと言い換える事も出来ます。

これを日本料理に言い換えると、「料亭」、「割烹」、「居酒屋」という図式があります。

そしてレストランにはソムリエやメートル(給仕係)が居ますし、料亭には女将さんや仲居さんがいます。

そういう差があるという事ですね。

 

そして「ラ・ベカス」の渋谷氏は、三ツ星レストランで修業をした経験を活かして、より最高のフランス料理を目指してレストラン(後にグランメゾンへと)を開業しました。

またそれとは別の動きとして、街場のレストランで修業を積んだシェフ達は、よりカジュアルでリーズナブルなビストロのお店を独立開業していきます。

1990年代半ばになるとこの傾向は、より顕著になっていきます。

さらには、お店のメニューにもその傾向がより強くなります。『プリフィクス・メニュー』(選択肢のあるメニュー)の登場です。

価格帯も〈¥3800〉程度でプリフィクスメニューが食べられるとあって、女性客を中心とした若い世代の客層がフランス料理、それもとりわけビストロに通い始めた頃でした。

 

そしてその後は、それまでホテルのレストランが関西のフランス料理界をけん引した時代から、徐々に街場のカジュアルなフレンチに流れが移って行くのです。。。

 

この続きは、また次回のお話しで(*´꒳`*)

今日も最後までお読みいただき有難うございました!

ではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと