仙台のフレンチブログ。日本のフランス料理とミシュランガイドブック。

2020/08/27 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日も皆さまに、フランス料理についてのお話しをさせていただきます。

今日のテーマは『ミシュランガイドブック』です。

フランスでは有名なレストランのガイドブックですが、日本にも上陸して早いもので既に13年が経ちます。

そのミシュランガイドブックと、日本のフランス料理界との関わりについての、今日はお話しになります。

 

 

17世紀におけるフランスは絶対王政をしいていました。フランス料理の原型となる物が作られてから3世紀ほど経ち、「アントナン・カレーム」や「オーギュスト・エスコフィエ」と言った偉大な料理長の活躍によって、フランス料理はフランス料理は、世界的な栄誉と名声を得ていました。

中国料理や日本料理とは、また違う歴史を構築していきます。ただしフランス料理がこれだけ発展したのも、時の権力者と一体となって国の戦略道具の一つとして使われた事にもあります。

それ以外にも発展の理由は有りますが、民間のグルメガイドブックを作った、タイヤ会社「ミシュラン」が果たした役割も大きかったです。

宮廷料理として最高の贅沢を求めたフランス料理とは、また別の所で、庶民が食べているフランス地方料理もまたフランス料理であり、その特徴を表しています。

そしてそんなフランス地方料理を網羅して、地方料理の良さを世界に発信していった功績もミシュランガイドの凄さであると言えます。

今も昔も『ミシュランガイドブック』は、フランス料理に関心を持つ人達にとって、バイブル的な存在なのです。

 

【ミシュランと日本との関わり】

『ミシュランガイドブック』と日本のフランス料理界との関わりは、1970年代にフランスで起きた『ヌーベル・キュイジーヌ』の流れを外す事が出来ません。

そして1960年代後半から1970年代前半に掛けて、フランスに渡った多くの日本の料理人達が、そのヌーベル・キュイジーヌの真っ只中で体験して来たのです。

当時、フランス人からしてみれば、何者かも分からない様な、東の国からやって来た若者たちが、華やかなミシュランの星付きレストランでの仕事を求めてフランス中に散っていきます。

フランス料理と言っても、まだまだフランス料理後進国から来た料理人たちにとっては、ミシュランの星付きレストランは、まさに眩いばかりの憧れの存在でした。

豪華絢爛でありながら、洗練されたインテリアを構え、最高の食材を使った極め付けの料理、ダイニングで采配を振るうマダムの立ち居振る舞い、おごそかで流れる様なサービス、完璧なワインリストなど、何もかもが日本の料理人達を驚嘆させる物でした。

とりわけお店のシェフやオーナー達が、毎年発表されるミシュランガイドブックの評価に一喜一憂する姿は、不思議な光景に写っていました。

なぜにそれほどミシュランの評価にこだわるのか?やがて日本の料理人は、ミシュランの三つ星と二つ星の評価の違いは、天国と地獄の違いに匹敵するという事に気付きます。

そしてミシュラン評価の重みは、世界中に居る膨大なグルマン(美食家)を納得させなければならないという、使命感から来ている事も理解して行くのでした。

以上、本日はここまでです。

明日もミシュランガイドブックと日本のフランス料理についての続きのお話しです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと