フレンチのメニューでプリフィクスとはなんぞや?仙台でフランス料理の歴史を学ぶ。

2020/08/26 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日も日本における西洋料理、フランス料理の歴史を、皆様と一緒に紐解いて参りたいと思います。

初めてこのブログをご覧になった方は、ぜひ遡ってブログをお読み頂ければ、物語りの流れが分かるかと思いますので、よろしくお願い致します。

 

今日は前回の続き「プリフィクス」についてのお話しです。

時代はフランス料理がホテルから街場へと広がり、高級フレンチからビストロやバルなどのカジュアルなフレンチが台頭し始めた頃です。

ドレスコードがあり、フルサービスをしてくれる様な高級フレンチよりも、分かりやすく安心で、しかし軽食喫茶の様な単品OKとは違う“ビストロの楽しみ方”を知ってもらおうという意図もありました。

決まった金額の範囲で、自由に好きな物をどうぞお選び下さいと。

それがたくさんの選択肢となったのでした。

 

一方でア・ラ・カルトが王道の高級レストランでは、早くからこのスタイルを取り入れたのが『クィーン・アリス』でした。

内容は[前菜2品、スープ、魚料理、グラニテ(口直し氷菓)、肉料理、デザート]という多彩な内容を、グラニテ以外の全ての料理で、選択肢を設けています。

クィーン・アリスのオーナー石鍋裕(いしなべゆたか)氏が当時考えたのも、「日本人に高級フレンチ料理を身近に感じてもらう事」でした。

1980年代当時の日本の庶民にとっては、高級なフランス料理のフルコースを膨大なア・ラ・カルトのリストから、お客さんが自分で選ぶ事など至難の技でした。

その為に選びやすくて安心のメニューが必須だったのでした。

 

 

さて本家フランスではどうだったのでしょうか?

プリフィクスの直訳は「固定した値段」という意味ですが、実はフランスではプリフィクスいう言葉が、日常に登場する事は無いそうです。意味としては「値段が決まっている」という意味を伝える事は出来るかも知れないが、そういう表現をする人はいないし、ましてや日本でいう「選択肢のあるコース料理」を指して言うことは無いようです。

 

フランスではmenu(ムニュ)が日本のコース料理に当たります。

なので一定の金額で組まれたメニューも「ムニュ」と呼ばれます。さらに安くても高くても、コースの中に選択肢があっても「ムニュ」となります。

ただプリフィクスの概念は、なんとなくあり、ビストロの2〜3品程度のコース料理に、選択肢のあるコースが有ったりするようです。

つまり日本のフランス料理のプリフィクスとは、現地のフランスとは別に発展していったのです。

 

そしてバブル経済が崩壊した1990年代中頃。

日本の高級フランス料理店が危機的な状況になりました。

この時に4000〜5000円程度の価格帯で、このプリフィクススタイルを導入したお店が急増しました。

それを受けてマスコミに「プリフィクス」の言葉が登場し、一般化しました。

 

以降、日本のフランス料理界では、カジュアルなビストロスタイルのお店が増えて行きました。

ですが近年は、そのお陰もありフランス料理という、それまではお金持ちの為の料理と思われていた料理が、大衆にも浸透して行くのでした。

 

 

以上、本日はここまでです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

それではまた!

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと