仙台フレンチシェフのブログ。フランス料理史プリフィクス①

2020/08/26 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日も日本における西洋料理、フランス料理の歴史を、皆様と一緒に紐解いて参りたいと思います。

初めてこのブログをご覧になった方は、ぜひ遡ってブログをお読み頂ければ、物語りの流れが分かるかと思いますので、よろしくお願い致します。

 

バブル時代という特異な時代の終焉となった1980年代。高級料理というイメージのフランス料理にとって代わって、カジュアルなイタリア料理が大きなブームになります。

これが一つの大きな変化の訪れを告げる事となります。

フランス料理をもっと気軽に、そして身近に。

これを合言葉としてビストロやカフェが登場します。一方で本場での修業を頼みながら、伝道師的な呪縛から解放された料理人たちも台頭します。

素材を追求しつつオリジナルのスタイルを持った料理を自由に表現し始めたのでした。

 

【プリフィクス料理の登場】

91990年代以降、日本のフレンチシーンで“ブーム”と言われてきた「プリフィクス」。

いわゆる「オードブル」から「メイン」「デザート」までのコースを、それぞれの選択肢の中から好きなメニューを選んでいくというスタイルです。

それでは実際に、どのような流れでこういうスタイルが出来上がって来たのでしょうか?

そこの所を少し掘り下げてみたいと思います。

 

今の時代、フレンチレストランに行くと、しばしば「プリフィクス」のメニューをやっているお店を見かけます。

 

しかもその波は、日本料理や中華料理までに広がりを見せています。

 

ちなみにフランス語では「prix fixe」と綴ります。直訳すると「価格を固定する」という様な意味になりますね。

直接的な意味はさておき、コース料理でこの様なメニューがある場合は、《選択肢のあるコース料理》を指して言います。

 

例えば前菜なら

・白身魚のテリーヌ野菜のロースト添え

・田舎風パテとピクルス

・ヒラメのカルパッチョディル風味

というメニューがあるとすれば、この3種類の中から、自分が食べたいと思う一皿を選ぶ事が出来ます。

同じ様に、メイン料理やデザートでも、それぞれ好きな一皿を選んで、頼む事が出来るのです。

そしてどの選択肢を選んでも、コース料理のお値段は変わらないのです。(例外として選ぶ一皿によっては、プラス料金が発生する場合もあります)

そしてプリフィクスの魅力は、お値打ち感のある一定の金額と、好きなものを選ぶという楽しみに有ると思います。

これがもしプリフィクスではなく、アラカルトメニューから頼むとなると、選択肢が多すぎて、慣れないお客さんからすると、どう選んで良いのかが、分からないという難点があります。

また料理によっては値段もまちまちなので、財布の中身も気にしながら選ばなければならないという事にもなります。

そんなフランス料理の短所を「安心均一価格」と「程よい選択肢」で上手く組み合わせたのが、プリフィクスになるのです。

 

日本のフレンチレストランに、このスタイルがボチボチ現れ始めたのは、1980年代の前半です。

しかもカジュアルなビストロにも、高級なレストランにもプリフィクスというスタイルが登場しました。

 

時代はフランス料理が、ホテルのレストランから、街場のレストランやビストロへと広がりを見せて、それまでのお金持ちが集う、堅苦しいレストランのイメージから、安心して食事を楽しめるカジュアルなフレンチへと時代が変化して来た証でもあるのです。

 

と言った所で、今日はここまでになります。

フランス料理の新しい形、「プリフィクス」については、明日のブログへと続いていきます!

今日も最後までお読み下さりありがとうございました(^_^)ではまた!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと