仙台フレンチシェフのブログ!関西フランス料理史①

2020/08/26 ブログ

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日も日本におけるフランス料理の歴史を紐解いてみたいと思います。

今までは、東京、横浜を中心とした関東のフランス料理を中心にお話ししてきましたが、今回は関西のフランス料理事情についてのお話しになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

【ホテル牽引の時代】

○西洋料理の基本はフランス料理にある。コレを極めなければ、コレからのホテルは勝ち抜いていけない。

という意気込みで戦後、本場フランスの三つ星レストランとの交流を深めてきたホテルが関西にもあります。

多数の人材を送り込み、技術の向上を図るとともに、三ツ星シェフを関西に呼んで、さらなる高みを目指しました。戦後における日本のフランス料理の発展に、ホテルが果たした役割も大きいのです。

 

戦後の関西のフランス料理人は、その多くがホテル出身か、船の外国航路出身者でした。

そして関西のフランス料理界にホテルが果たした役割は大きいです。

例えば神戸は港町ということもあって、外国航路で腕を磨いた料理人も多いですが、大阪や京都となると、俄然ホテルの影響力が強くなります。

京都のホテルで見ると、《ホテルフジタ》と《国際ホテル》が影響力を発揮し、ここから街場のレストランに移ったシェフは数多くいます。

《ブルーマー55》や《レストランおがわ》など、70年代から80年代に掛けて、ホテルから独立して、活躍しているシェフが目立ちます。

実は京都の2つのホテルは、経営が同じ会社で、料理人の教育システムには特徴がありました。

それは、半年ごとに異動があり、それを3ヶ月前に発表します。そうすると皆、空いている時間を見つけて、自分が異動になる次のセクションを手伝いに行きます。そうすると技術の向上が早く、短時間で様々なセクションの仕事を学ぶ事が出来るようになります。

その結果、皆仕事を早く覚えて独立する事が出来るようになるのです。

 

一方で大阪は、《リーガロイヤルホテル》と、今はなき《ホテルプラザ》がフランス料理を牽引してきた代表格でした。

リーガロイヤルホテルの凄さは、1973年にフランス人シェフ「アンドレ・ルイ・ヴァンドール」氏を東京の《ホテル・オークラ》より招き入れて、その3年後から現在に至るまで、料理人の海外研修を行なっている事です。

当時のホテルの経営陣は、『西洋料理の基本はフランス料理、コレを極めなければコレからのホテルは勝ち抜いていけない』と考えていたのでした。

研修先も、最初はパリの《ホテルリッツ》、《タイユヴァン》の三ツ星レストランに始まり、《ジョルジュ・ブラン》《レスペランス》《レ・クレイエール》といった、フランス有数の名店を修業先としました。

その後はイタリア、スイス、ドイツ、アメリカなど、世界各国のレストランやホテルにも人材を送り、幅広く技術の向上に努めました。

1年の間に平均で4名が、多い時には8名もの料理人が海外で研修を重ねていったのでした。これほど大人数の料理人を海外に送り込んでいたホテルは珍しく、《リーガロイヤルホテル》では、どれほどフランス料理が重要視されていたかが分かります。

また研修と並行して、85年には三つ星レストランのシェフ「ジョルジュ・ブラン」氏を招いてスタートしたイベント『ガストロノミック・フェア』は今日まで、途絶える事なく続いています。

これはもちろんホテルという大きな組織だからゆえに可能なイベントではありますが、それでも経営陣の並々ならない意気込みを感じられる取り組みですね。

 

そしてその傍らでは、1970年に開催される『大阪万国博覧会』に向けて、関西のフランス料理界も否応なく、盛り上がりを見せるのでした。。。。

 

 

といった所で本日はおしまいになります。(^ ^)最後までお読みいただきありがとうございました!

この続きはまた明日のブログに続きます!

それではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと