フランス料理を日本に伝えた男①仙台フレンチのブログ

2020/08/24 ブログ

 

 

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日も日本における西洋料理、フランス料理の歴史を、皆様と一緒に紐解いて参りたいと思います。

初めてこのブログをご覧になった方は、ぜひ遡ってブログをお読み頂ければ、物語りの流れが分かるかと思いますので、よろしくお願い致します。

 

【日本に本物のフランス料理を伝えた男】

1960年〜1970年代、日本におけるフランス料理の黎明期の時代に、日本に本物のフレンチを普及させた功労者として必ず名前が上がる男が居ます。

大阪に在る辻調理師専門学校の創設者である『辻静雄(つじしずお)』氏であります。

フランス料理研究の第一人者であった辻静雄氏の著書は、現在でも料理人のバイブルとなっています。

そして彼から直接指導を受けた人は皆、彼の希薄溢れる授業に引き込まれていったと言います。

まずフランスの歴史的背景や、それに料理がどの様な形で関わってきたのか。フランスの食文化の奥深さにどんどん魅せられていったようです。

そして自ら、フランス語で書かれた料理原書を紐解いて、デモンストレーションをし、調理師学校の生徒たちに試食をさせます。

まだ日本ではマスカットが一房1万円もしていた時代です。それでもキャビアや伊勢海老といった高級食材も沢山使っていたそうです。

そこで初めてフランス料理の本当の美味しさと、これほどお金の掛かる料理だという事を知るようになります。

その上で、実際にレストランでお客様に提供する場合には、いかに食材を吟味してコストダウンをさせて提供するかを教えます。

つまり最高の味と調理技法を知っていたら、安くても良い料理が作れるという考えでした。

そしてその逆ら決して有り得ない。まずは美味しい物を、食べる事から始めるのだという教えでした。

 

辻静雄の凄い所は、まだまだ日本から海外に渡航する人が少なかった1960年代。

1963年の料理研究旅行を皮切りに、10年余りで、フランス全土のレストラン、約1,000軒余りを訪問しました。

そして元々は新聞記者だったという才能を発揮して、数多くのフランス料理に関する著書を記しました。

そして当時から、フランス人の高名なシェフ達と交流を持ち、日本とフランスとの架け橋となりました。その1つに「日本エスコフィエ協会」の設立がありました。

*エスコフィエ協会とは

近代フランス料理において、フランス料理の一つの体型を整えた料理長『オーギュスト・エスコフィエ』の名前を冠した組織。フランス料理の普及と発展、料理人の育成などの他に、フランス料理を通して社会貢献をする為に活動する、フレンチシェフの協会です。

 

辻静雄は、その後辻調理師専門学校を創設しますが、そこで未来の料理人の卵たちに熱意ある教鞭を取りながらも、年に数回はヨーロッパに渡り、一カ月ほど滞在していました。

その成果は、著書「パリの料亭(レストラン)」や「パリの居酒屋(ビストロ)」に余さず記され、当時のフランスの様子を、現地に行かなくても、知る事が出来るまでに書かれていました。

 

しかし辻自身、フランスと日本の食文化のギャップを実感するにつけ、やはり現地の料理人の技術をつぶさに見せて、料理を食べさせなければ、幾ら自らの著書で伝えても、机上の空論だという気持ちを強めていました。

そこで辻が考えたのは、、、

 

 

と言ったところで本日はここまでです!

最後までお読みいただきありがとうございました)^o^(

 

この続きはまた明日のブログでご紹介します!

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと