仙台のフレンチのシェフブログ。帝国ホテル編

2020/08/19 ブログ

 

 

 

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日も皆様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

本日も日本における西洋料理、フランス料理の歴史を、皆様と一緒に紐解いて参りたいと思います。

初めてこのブログをご覧になった方は、ぜひ遡ってブログをお読み頂ければ、物語りの流れが分かるかと思いますので、よろしくお願い致します。

 

前回のお話しでは、戦後の日本のフランス料理界をけん引した料理長の1人『小野正吉』ホテルオークラ初代総料理長についてのお話しをさせていただきました。

そして今回は、小野正吉料理長と共に2大巨星として活躍した、『村上信夫』帝国ホテル第11代目総料理長のお話しです。

今日もよろしくお願いします。

 

昭和30年代の中盤に帝国ホテルの調理場に1人のエースが登場します。

フランスはパリの「ホテル・リッツ」での3年間の修業を終えて帰国した「村上信男」氏でした。

1958年(昭和33年)に帰国した直後に、村上信男は、帝国ホテルの「犬丸徹三」社長から、新館の料理長に任命されます。

それは先輩方を約20人抜く、革新的な人事だったと言います。

そして村上信男は、まず犬丸社長の要請によって、地下1階に北欧料理のレストラン、「インペリアル・バイキング」をオープンさせます。

このレストランの料理は、魚介類やお肉の薫製に、塩漬けや酢漬けなどの料理を多彩に並べられた『食べ放題スタイル』が売りでした。当時の人気映画からバイキングと命名されました。

その価格はディナータイムで1人、1800円(現在の約2万円くらい)ととても高額ではありましたが、当時新人だった長嶋茂雄や、力道山が弟子たちを連れてやって来ることから有名になり、連日行列の出来る名物レストランとなりました。

 

もちろん帝国ホテルにおいても、メインとなる料理の骨格を成していたのはエスコフィエの教えでした。

昭和の初めには、ホテルニューグランドで「サリー・ワイル」というスイス人シェフが本物のフランス料理を日本で広めましたが、それに刺激される様に、1928年(昭和3年)から帝国ホテルでもフランスに料理人を研修に出す様になりました。

研修場所も、パリの「ホテル・リッツ」という超一流のホテルと提携して、行われました。

そして村上信男も1955年(昭和30年)を皮切りに、3回に渡ってヨーロッパ修業を経験しています。

ホテル・リッツの総料理長アンリ・ルジュールは、例えばテリーヌに混ぜる塩の量については「昔は16g、少し前は13g、今では10gで良い」と具体的かつ詳細にアドバイスをくれたと言います。

本場フランスの料理界で始まった新しい料理の流れ『ヌーベル・キュイジーヌ』は、日本では1972年(昭和47年)のポール・ポギューズの来日から本格化したと言われていますが、軽めの味付け志向は、この頃から始まっていたのでした。

*ヌーベル・キュイジーヌとは

クラシック(古典的な)料理に対して、新しいフランス料理の潮流の事を言います。

それまでの小麦粉やバターを使った重たいソースが中心だった料理から、新鮮な素材の味を活かした軽い味付けや、盛り付けが主流となっていきました。

 

以上、本日はここまでとなります。

明日もムッシュ村上さんのお話しは続きますよー

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

ではまた

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと