夏にぴったりのフレンチさっぱりレシピ!

2020/07/31 ブログ

 

 

 

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

今日は、暑い夏にぴったりのお惣菜レシピを、ご紹介したいと思います。

酸味の効いた洋風お漬物「ピクルス」です。今回ご紹介するピクルスは、漬け込む液体「マリナード」によって、味わいも変わりますので、良かったら他の食材でも試してみて下さいね^_^

[紫玉ねぎのピクルス]

材料

・紫玉ねぎ    ………1個

マリナード

[白ワインビネガー  ………100ml]

[水         ………50ml]

[砂糖        ………7ml]

作り方

①紫玉ねぎの上下のヘタを落とし、縦に8当分に切る

②マリナードの材料を全て鍋に入れて沸かす。湧いたらカットした紫玉ねぎを入れて、再沸騰させる。

容器に移して粗熱を取り、冷蔵庫で一晩冷ます。

味が染みたら食べましょう^ ^

 

[キノコのピクルス]

材料

・お好みでキノコを数種類用意する

(シメジ、エリンギ、舞茸、椎茸、マッシュルーム、など)  300g

マリナード

[白ワインビネガー  ………100ml]

[水         ………100ml]

[塩       ………小さじ1杯]

[黒つぶこしょう ………10粒]

[ニンニクスライス    ………一片]

[ローリエ(月桂樹の葉)………1枚] 

[鷹の爪      ………1本}

作り方

①キノコ類の下処理をする。椎茸、シメジ、マッシュルームは石付きを切り取る。エリンギは食べやすい大きさに揃えて切り分ける。

その他のキノコ類も同じくらいの大きさになる様に切り分ける。

②マリナードを全て鍋に入れて沸かす。

③熱々のマリナードの鍋に、切り揃えたキノコ類を、全て入れて粗熱を取る。

④粗熱が取れたら保存容器に移し替えて冷蔵庫で保存する。一晩冷まして味を馴染ませてから食べる。

 

[プチトマトとうずらの玉子のピクルス]

材料

・プチトマト   ………10〜15個くらい

・うずらの卵   ………10個

マリナード

[白ワインビネガー ………100ml]

[白ワイン     ………50ml]

[水        ………50ml]

[砂糖       ………1つまま]

[塩        ………1つまみ]

[ローリエ(月桂樹の葉)………1枚]

作り方

①うずらの卵で茹で卵を作ります。(沸騰したお湯に入れて2〜3分間茹でます。その後氷水に浸して冷まします。冷めたら殻を剥きます)

②プチトマトは、楊枝で数カ所を刺して置きます。(皮に穴を開ける事でマリネ液が染み込みやすくなる)

③マリナードの材料を全て鍋に入れて、一度沸騰させます。沸騰したら①と②を全て鍋に投入します。粗熱もとる。

④粗熱が取れたら保存容器に移して冷蔵庫で冷やします。2〜3日経った方が味が染みて美味しいです。

 

[夏野菜のエチュベ]

材料

・パプリカ(赤、黄) ………各1個

・ズッキーニ(緑)  ………1本

・ナス        ………1本

・人参        ………1/2個

・セロリ       ………1/3本

・玉ねぎ       ………1/2個

マリナード

[白ワインビネガー  ………20ml]

[レモン汁      ………50ml]

[塩      ………大さじ1/2杯]

[砂糖       ………大さじ1杯]

[コリアンダーシード………小さじ1杯]

[タイム(乾燥)………小さじ1/2杯]

[オリーブオイル   ………150ml]

作り方

①パプリカはそれぞれ一口大の大きさに乱切りする。ズッキーニ、ナス、人参、セロリも適宜同じ位の大きさに乱切りする。玉ねぎは薄めのくし切りにする。

②鍋に油を敷かないで、①で切った野菜を、玉ねぎ、人参、パプリカ、セロリ、の順番で弱火で炒めていく。

ちょっとだけしんなりしたら、ズッキーニとナスを同じように弱火で軽く炒める。(あまり炒めすぎない)

③別鍋にマリナードの材料を全て入れて1度沸かす。

④沸かした③のマリナードを②の鍋に注いで、全体的大きくかき混ぜる。軽く1分弱くらい煮て、味が野菜に馴染んだら火を止める。

粗熱を取ってから保存容器に移して冷蔵庫で保存する。

完全

 

といった所で以上、今日は暑い夏場にぴったりの、酸味の効いたさっぱりレシピをご紹介しました!

ぜひお試しくださいね^ - ^

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^ ^)

 

【スリジエ  アルバイトスタッフ募集】

現在スリジエ ではホール業務を担ってくれるアルバイトスタッフを募集しております!

18時〜23時くらいまでの3〜5時間を目安にしています。

学生さんでも、ダブルワークの社会人の方でも、週1日からでも大丈夫です!

時給は1200円〜880円(研修50時間までは850円)決してブラック企業じゃあないよ!&美味しい賄い付き。

未経験者も大歓迎です^_^

よろしくお願いします!

 

問い合わせは、メール、電話、の他にもFacebook、インスタグラム、ツイッターのそれぞれのメッセンジャーからでも大丈夫です!

022-724-7448

担当

佐藤ふみひと

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと