仙台のカフェ。日本茶のお話し②

2020/07/30 ブログ

 

 

 

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

【日本茶を知る】

本日のテーマは日本茶です^ - ^

前回のブログでも日本茶についてお話しさせていただきました。

今回も日本茶のお話しです!

その中でも今回は、日本茶の美味しい飲み方と種類についてのお話しをしたいと思います。よろしくお願いします!

 

〈お茶に大切なのは水〉

お茶の99.7%は水です。当たり前の話しですが、茶葉だけではなく水の質もまたお茶の美味しさを左右する重要な存在なのです。

一般的には水のミネラル分(硬度)が高いほどお茶の渋みを優しくして、硬度が低い水ほどお茶の渋さを強調させると言われています。ですが単純に水の硬度だけではお茶の良い悪いを決める事ができません。

基本は浄水器などを使い、水道水のカルキ臭の無い無臭の水を使います。さらに炭やセラミックスを使って磨いた水だと、より一層茶葉の香りを引き立てる上質な水になることができます。  

 

〈急須の使い方〉

急須の使い方一つで、お茶の風味を損ねる事がありますので注意しましょう。

錆びた茶漉しや、茶殻などが付いていて、嫌な匂いがする急須は使わないようにしましょう。

また、香りの強い洗剤や漂白剤を使わないで洗います。急須についてしまった茶渋は、歯ブラシなどで擦り、水かお湯での洗浄を心がけます。

さらに急須の持ち方にも注意が必要です。

急須のの中の茶葉をゆすると、余計な渋みが出る事が有りますので、しっかりと安定させて持つ事が基本です。

たまに急須を回したり振りながら注ぐのを見かけますが、これだと味、香り、渋みが強くなります。試しに急須を静かに傾けてみて下さい。比べてみると、柔らかく優しい味わいのお茶になると思います。

 

〈煎茶を熱湯で入れる〉

煎茶を淹れる時に使うお湯は、少し冷ましてから使うというのがセオリーですが、優れた茶葉を使えば、熱湯で簡単に淹れても美味しいお茶が飲めます。

熱湯を使うと、茶葉が持つ甘味と旨味、苦味、渋味、香味の全てが一気に抽出出来るので、まずはこの淹れ方でその茶葉の持ち味をしっかりと見極めると良いでしょう。

[煎茶の淹れ方]一人前

茶葉量………1g

お湯量………100ml

湯の温度………100℃

抽出時間………3分間

①急須に茶葉を入れる。

②熱湯を注ぐ。

③3分間急須の蓋をしないで待つ。

④3分後、急須に蓋をしてそれぞれの茶杯に注ぐ。

 

【お茶の重要】

・秋津島(あきつしま)

甘味、渋味、旨味、香気、の全てのバランスが良い静岡の手摘みの煎茶です。コレを飲まずして日本茶は語れない!と言うくらいの究極のお茶と言われています。

・宇治玉露(うじぎょくろ)

茶葉を育てる時に日光を遮るように遮光(シャコウ)して、手間暇かけて丁寧に育てられる事で、海苔のような香りと強い甘味とふくよかな旨味を持つ京都の銘茶です。

・祝福(しゅくふく)

高知県の山が生んだ、非常に希少な釜炒り茶です。おすすめの淹れ方は80℃のお湯の量100mlに対して2gの茶葉を用意して、1分間浸出します。繊細な香りが特徴的です。

・紅香日(べにかおりび)

紅茶の様な見た目ながら、味わいは中国茶のようだと言う、とても不思議な日本茶です。中国茶で使う「蓋碗ガイワン」で淹れたくなる釜炒り茶です。

・京番茶(きょうばんちゃ)

京都の昔ながらのお茶と言えばコレだと言えるお茶です。後味がスッキリしていて、食後の一服に最適な番茶です。沸き立ての熱湯を使って豊かな香りを引き出すのが良い淹れ方です。

・宇治手炒りほうじ茶(うじていりほうじちゃ)

無農薬の緑茶を生産者が焙じて(ほうじて)一年間熟成させた貴重な一番茶です。炒った茶葉ならではの、香ばしさを堪能したいお茶です。

・幸福の茶坊主(こうふくのちゃぼうず)

お茶の葉ではなく「茎」を使ったお茶です。良質な深蒸しの一番茶から、艶やかな茎を厳選して使われます。スッキリとした味わいと軽やかで清々しい香りは、茎茶特有の物です。

・鷲峯(わしみね)

無農薬、有機栽培の抹茶(マッチャ)です。茶筅(チャセン→抹茶を立てる時に使う竹で出来た泡立て器)で立てる事で抹茶特有の、きめ細かい泡と滋味あふれる苦味と、鮮やかなウグイス色を楽しめます。

・碁石茶(ごいしちゃ)

高知県大豊町で数百年前から伝承されてきた、大変珍しい完全発酵茶です。乳酸発酵させたお茶ならではの酸味が特徴的なお茶です。

 

 

 

以上、今日はここまでです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

 

【スリジエ  アルバイトスタッフ募集】

現在スリジエ ではホール業務を担ってくれるアルバイトスタッフを募集しております!

18時〜23時くらいまでの3〜5時間を目安にしています。

学生さんでも、ダブルワークの社会人の方でも、週1日からでも大丈夫です!

時給は1200円〜880円(研修50時間までは850円)決してブラック企業じゃあないよ!&美味しい賄い付き。

未経験者も大歓迎です^_^

よろしくお願いします!

 

問い合わせは、メール、電話、の他にもFacebook、インスタグラム、ツイッターのそれぞれのメッセンジャーからでも大丈夫です!

022-724-7448

担当

佐藤ふみひと

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

それでは^ - ^次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと