仙台でワインの美味しい飲み方!パート2

2020/07/25 ブログ

 

 

 

◎仙台フレンチシェフのブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

裏一番町、五橋通り沿い。

光原社さんの向かい側、フランス国旗のある1階のフレンチのビストロ。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様のお役に立てる様に、精一杯やって参ります。

 

この出会いが、とても価値のある有意義な出会い、と感じていただけましたら幸いです。

 

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

本日も『美味しいワインの飲み方、その一つの方法』で参ります。

前回ブログではワインは実は亜硫酸ガスを混ぜて作られている、というお話しでした。

今日はそのブログの続きに、なります。

 

現代でもこの「亜硫酸」を使う技術は続いております。

使いやすいメタ重亜硫酸カリウム(メタカリウム)を加えます。もしくはボンベから亜硫酸ガスを直接ぶどう果汁に吹き込んでいます。

亜硫酸を添加するのは、ぶどうの果実を破砕(潰す)する時に行います。その後も少しずつメタ重亜硫酸カリウムを追加しいき、亜硫酸を一定に保ちながら、発酵と熟成貯蔵を続けていきます。

さらにワインが瓶詰めされた後も、亜硫酸は香りや色の酸化を防ぐ役割があります。

瓶に詰めたワインボトル(特に長年寝かせて熟成させる様なワインボトル)は、横向きにして保存して、絶えずコルク栓を湿らせて、コルクが乾燥して隙間が開かない様にしています。そうする事で亜硫酸ガスも逃げるのを防いでいるのです。

なぜボトルワインから亜硫酸ガスが逃げてはいけないのか?

亜硫酸ガスが抜けてしまうと、ワインの酸化が進んでしまい、風味が悪くなり色も濁ってる来てしまいます。

亜硫酸は瓶詰めの状態ですと、ワインに溶けた状態になっていますが、ワインボトル栓を開けると、亜硫酸がガス化して飛び出してきます。

亜硫酸ガスとは、火山や温泉の近くで吹き出している、鼻をつく様な臭いのするガスです。

ワインの栓を開けた時に、青臭い様な金属的な匂いが感じられる事があります。コレが亜硫酸ガスの匂いです。

たまにワインのウンチクにうるさい様な人が

、亜硫酸ガスの出ているワインを。さも得意げに飲んでいます。

数多くあるワインの本にも、ワインの銘柄やぶどう品種について詳しく解説している物は、たくさんありますが、飲む時の亜硫酸の処理の仕方にまで言及した本は少ない様です。

例えば、ワインを別容器に移し替えるデカンタージュは、ワインの底に沈んでいる「オリ」を取り除く作業と捉えられていますが、もう一つの意味合いとしては、亜硫酸ガスを揮発させて、ワイン本来の香りやそのポテンシャルを高める役割りを担っているのです。

なのでワインを美味しく飲むやり方は、あらかじめデカンタなどの他の容器を用意して置いて、亜硫酸ガスを揮発させるか、もしくは飲む30分くらい前にコルクを抜栓しておいておくと、ガスが抜けて本来のワインの香りを楽しむことが出来ます。

コレがもしフレンチレストランなどで飲む時には、ワイングラスを少し斜めにして注いでから、ワイングラスを軽くスワリング(回す)して亜硫酸ガスを揮発させてから飲むと良いでしょう。

 

といった所で本日らおしまいです(o^^o)

この続きは、次回のブログにてお話し致します!

本日も最後までお読み頂き、誠に有難うございました(^ν^)

 

それではまた!

 

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いいたしましょう!(o^^o)

 

Au voir (オー ヴォワール)

À bientôt (ア ビアント )

 

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #自家製パン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ   #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット #夜遅くまでやってます #仙台パスタ #肉フレンチ #魚フレンチ #仙台夜ごはん #テイクアウト #単身赴任

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

【La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ】

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。

 

 

ラ・フルール・ド・スリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15-20

薗田ビル1階

TEL 022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと

 

【スリジエ  アルバイトスタッフ募集】

現在スリジエ ではホール業務を担ってくれるアルバイトスタッフを募集しております!

18時〜23時くらいまでの3〜5時間を目安にしています。

学生さんでも、ダブルワークの社会人の方でも、週1日からでも大丈夫です!

時給は1200円〜880円(研修50時間までは850円)決してブラック企業じゃあないよ!&美味しい賄い付き。

未経験者も大歓迎です^_^

よろしくお願いします!

 

問い合わせは、メール、電話、の他にもFacebook、インスタグラム、ツイッターのそれぞれのメッセンジャーからでも大丈夫です!

022-724-7448

担当

佐藤ふみひと

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶