仙台のワインバル、飲み放題が出来るお店。(ワインの保存方法のお話し)

2020/02/14 ブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

五橋通り沿い、裏一番町。

光原社さんの向かい側にある、フランス国旗が掲げてある1階のお店。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様にとって

有意義な時を過ごせます様に頑張りたいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

最近では家庭でもワインを飲む人がだいぶ増えてきましたね。

その為か小型の家庭用ワインセラーも各メーカーから製品化されていて、普及して来てはいますが、まだまだお高いですよねー。

 

そこで今日は、家庭でもできるワインの保存方法についてのポイントの解説をしたいと思います。

 

実はワインというのは、とてもデリケートな飲み物なんです。

 

ワインは熱と乾燥、振動、光、匂い、を嫌います。

もしご家庭でワインを保存する場合は、おんどの変化が小さく、比較的冷涼な場所に置くと良いです。

 

例えば家の北側の押し入れの下側。

床下のスペース。

納戸などに、段ボール箱に入れて保存して下さい。

そこでのポイントは、ワインのボトルを横にして保存することです。

 

なぜなら、立てたまま保存しておくとコルク栓が乾燥して縮んでしまい、コルクの隙間から空気がボトルに入り込み、ワインが酸化してしまうからです。

ただし最近は、コルクでは無くスクリューキャップのワインも増えて来ましたので、その場合は立てて保存しても大丈夫です^ ^

 

所で「冷蔵庫」に保存するのでは駄目なの?

と疑問に思う方も居ると思います。

 

冷蔵庫は実は、モーターの振動があったり、乾燥して除湿されるので、長期間保存するとコルクが収縮して参加する可能性があります。

また他の食品が入っている場合には、その食品の匂いもワインに移る可能性もありますので注意をして下さい。

 

またワインやシャンパーニュを購入して持って帰る時やホームパーティーなどで持ち込みで持って行く時になどの持ち運ぶ時も注意が必要です。

 

特にオールドヴィンテージ(年代物)のワインには、オリと呼ばれる沈殿物があります。

ワインを移動させる時に、このオリがボトルの中で舞い上がって混ざってしまい、いざ飲もうとしたら食味の悪い飲み口になってしまいます。

またシャンパーニュの場合は、ガス圧のとても強い炭酸が含まれていますので、開けた瞬間にボトルから吹きこぼれてしまう。

という状況になってしまいます。

 

なので理想としては、一度安定した場所に保管したら、1晩から3日ほど休ませてから飲むと良いですね。

 

 

 

 

それから、よくヨーロッパの方ではカビだらけの地下室にワインを保管している場合があります。

単純にこんな環境で大事なワインを保管してて大丈夫なの?

と思いますよね(o^^o)

 

実はこのカビが生えている状態は、ワインにとって良い環境の証。と捉えることができます。

どういうことかと言いますと、ワインにとって理想的な環境は

①温度が10〜13°Cに保たれている。

②振動が無く静かな事。

③光の当たらない暗い場所。

④湿度が70〜80%になっている事。

⑤強烈な異臭がしない場所。

です。

そこでワイナリーなんかの地下セラーは、地表から深く掘り下げられて、四季を問わずに温度が10〜13°Cに保たれており、かつ湿気が高い状態であるのです。

 

そんな環境なので地下セラー内にカビは繁殖しやすいのです。

こうした環境で何年も熟成されたワインは、きっとその歴史を感じさせる様な偉大なワインに成るんでしょうねー^ - ^

(長期間保存するワインは、当然それなりのポテンシャルが無いと熟成に耐えられませんのでお気をつけ下さい)

 

 

以上

今日はワインの保存方法についての解説でしたー!

 

それではまた次のブログでお会いしましょう(*'ω'*)

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いしましょう!

 

Au voir (オー ヴォワール)

 

À bientôt (ア ビアント )

 

 

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #仙台イタリアン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ #新年会  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。