仙台でおすすめのフレンチレストラン、ラフルールドスリジエ。フランス料理のお塩の話し

2020/02/11 ブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

五橋通り沿い、裏一番町。

光原社さんの向かい側にある、フランス国旗が掲げてある1階のお店。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様にとって

有意義な時を過ごせます様に頑張りたいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

今日はフランス料理に限らず、イタリアン、中華、和食の全ての料理で最も重要な調味料

『お塩』についてのお話しをしていきたいと思います!

 

お塩は、家庭料理でも最も基本的でかつ、必ず必要な調味料ですが、意外と皆さんあまり意識しないで使われているのではないでしょうか?

 

 

お塩の主成分は塩化ナトリウムNaですが、実はお塩と一言で言っても、含まれている成分や種類も様々あるのです。

 

そこを少し掘り下げて、皆さんがお塩を選ぶ時のご参考になればと思います。

 

 

 

 

 

〈お塩の料理における役割りとは〉

 

食材の風味を引き出し、料理の味わいの質も高める役割りがあります。

 

また塩味を付けるだけではなく、色々な用途で利用する事が出来ます。

例えば、料理に少しの塩を加える事によって、甘さを強めたり、酸味を抑える効果があります。

 

更には、料理の味付け以外にも、野菜や魚介類などに塩を擦り付ける事によって汚れやヌメリを取る事も出来ます。

 

また、食材材に塩を振り掛ける事で食材の余計な水分を出させる事も出来ます。(浸透圧の作用)

 

青いお野菜などを茹でる時などは、茹で汁に塩を加える事で、鮮やかな緑色を出させることができます。

 

 

 

 

〈塩の種類〉

 

お塩には大きく分けて『岩塩』と『海塩』があります。

 

・岩塩とは地層の中にある岩塩層と呼ばれる層に、塩の結晶体として存在している物です。

それに対して

・海塩とは、海水から水分を取り除き、海水に含まれている塩分を結晶化させて採られる塩の事です。

 

岩塩の産地としては、中国、ドイツ、アメリカ、カナダなどで採れます。

日本では岩塩層は無く、塩と言えば海塩が一般的です。

またフランスでも海塩が圧倒的に多いですね。

 

フランスには塩の精製をされているかどうかや粒の大きさ、用途によって様々な種類があります。

 

大きく分けると、粒の細かい精製塩sel finと粒の粗い粗塩gros selに分けられます。

 

精製塩の方は料理の下味つけ、料理の仕上げやソースの調味に使います。

 

粗塩は野菜の下茹でやクールブイヨン、ポタージュの下味つけ、塩釜焼き用の塩生地包み、塩漬け、ポトフなどの料理に添える。

という風に塩を使う目的によって使い分けています。

 

日本でもレストランなどで使われるフランスの塩の生産地として名高い場所にブルターニュ地方があります。

フランスブルターニュのゲランド塩の作り方は、塩田に引き込んだ海水を天日で蒸発させる昔ながらの伝統的な製法で作られ続けております。

 

特に塩田の表面に一番最初に浮かんでくる純白の結晶だけを集めた物が

『フルール・ド・セル・ド・ゲランドfleur de sel de Guerande』(ゲランドの塩の花)と呼ばれています。

その繊細な味わいは世界中のレストランで高い評価を集めています。

 

 

 

 

以上

今日は料理で大切なお塩のお話しでしたー(^^)

本日も最後までお読み下さり、どうも有難うございました!

 

 

それでは今日も、あなたにとって素敵な1日になります様に(*≧∀≦*)

 

 

 

 

 

次回もまた、ラフルールドスリジエ のブログでお会いしましょう!

 

Au voir (オー ヴォワール)

 

À bientôt (ア ビアント )

 

 

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #仙台イタリアン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ #新年会  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン #お一人様歓迎 #一人飲みセット

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。