仙台で宴会ができるフレンチのお店。ハーブのお話し②

2020/02/10 ブログ

仙台駅から東北大学の片平キャンパス方面(西南方向)に向かって徒歩17分。

 

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」から仙台高等裁判所方面(南西方向)に向かって徒歩6分。

 

 

五橋通り沿い、裏一番町。

光原社さんの向かい側にある、フランス国旗が掲げてある1階のお店。

 

フランス家庭料理とワイン

【ラ・フルール・ド・スリジエ 】

オーナーシェフの佐藤ふみひと

です。

 

 

今日もあなた様にとって

有意義な時を過ごせます様に頑張りたいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

本日は前回のブログの続き

フランス料理に欠かせないハーブ(香草)についてのご説明になります。

 

改めましてよろしくお願い申し上げます。

 

 

早速参りましょう!

 

 

〈ミント〉

シソ科の植物です。

主に葉の切れ込みが深いスペアミントと葉が丸い形をしたペパーミントがあります。

スペアミントの方が香りは比較的穏やかではありますが、どちらも清涼感のある歯磨き粉の様か香りが特徴です。

デザート菓子類の飾り付けに使われる他にも、リキュールやハーブティー、チョコレートなどの香り付けの為にも使われています。

 

 

 

 

〈オレガノ、マージョラム〉

オレガノとマージョラム、どちらもシソ科の植物で近隣種になります。

形も香りもよく似ていますが、オレガノの方が風味が強いです。

オレガノはトマトととても相性が良く、ピッツァをはじめ、イタリア料理では大変よく使われます。

 

他方、マジョーラムは主に肉料理によく使われます。

 

 

 

 

 

〈オセイユ〉

日本名を酸葉(すいば)またはカンポと言います。

名前の通り、酸味のある緑色の葉っぱを食用にします。

ほうれん草の様に太い茎を外して使う事が多いです。

ソースにしたり、ピューレにしてムースに加えたりします。

 

 

 

 

 

〈ペルシー(パセリ)〉

葉っぱをみじん切りにして料理の仕上げに散らしたり、葉っぱをそのままあるいは油で揚げて、付け合わせや飾りとして使います。

葉っぱはフィーヌゼルブ。茎はブーケガルニとして使用します。

 

また、イタリアンパセリと呼ばれるものは、葉の平たい種類で一般的なパセリよりも苦味が弱く風味は爽やかです。

 

 

 

 

 

〈ロマラン(ローズマリー)〉

シソ科の常緑樹です。

仔羊や豚肉、ジビエなどの独特の風味があるお肉のローストや煮込み料理に使われる。

こちらも香りが強いハーブなので、控えめに使用した方が良いです。

 

 

 

 

〈セージュ(セージ)〉

シソ科の植物で、サルビアの仲間です。

イタリア料理ではよく使われます。

香りが強く、脂肪の多い食材に合います。

イタリア料理の「サルティンボッカ」は、豚肉にセージを乗せて生ハムで巻いた料理です。

その他にもジビエ料理や豆料理の香り付けによく使います。

 

 

 

 

 

 

〈タン(タイム)〉

シソ科の植物です。

加熱をしても香りが飛びにくいので、じっくりと火を通すお料理に向いています。

ブーケガルニには欠かせず、ローリエと組み合わせて煮込み料理に加えます。

他にも魚介類を使ったお料理や仔羊肉のローストやグリエの香り付けに使われます。

 

 

 

 

 

〈ブーケ・ガルニ〉

フォン(出汁)やソース、煮込み料理などに香りをつける為の香草の束です。

タイム、ローリエ、パセリの茎、ローズマリーなどをタコ糸で縛って用いられます。

タコ糸以外でも、セロリの茎部分で挟んだり、ポロネギの緑の柔らかい部分で巻いて縛るやり方もあります。

 

 

 

 

〈フィーヌ・ゼルブ〉

幾つかのハーブを、細かく刻んで混ぜ合わせた物です。

一般的にはパセリとセルフィーユ、エストラゴン、シブレットなどが使われます。

オムレツやソースに混ぜ合わせて、香りと彩りを出したりします。

またお料理によっては別のハーブを組み合わせて使われます。

 

 

 

 

 

以上

フランス料理で使われるハーブ(香草)のお話しでしたー^ - ^

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました^o^

 

また次回のブログでお会いいたしましょう!

 

それではまた!

 

Au voir (オー ヴォワール)

 

À bientôt (ア ビアント )

 

ラフルールドスリジエ 

仙台市青葉区一番町1丁目15ー20

薗田ビル1階

022-724-7448

ご予約担当

佐藤ふみひと

 

 

あなたを応援しています!

#宮城 #仙台 #せんだい #sendai

#仙台市フレンチ #仙台イタリアン #フレンチ仙台 #パスタ #サプライズ #誕生日 #デート #おしゃれ #お洒落 #夜景 #仙台駅 #一番町 #仙台市青葉区一番町 #五橋 #オードブル #仙台グルメ #フランス料理 #仙台ビストロ #新年会  #飲み放題 #個室 #貸し切り #牛タン #宴会 #送別会 #歓送迎会 #仙台ワイン #スパークリングワイン飲み放題  #駅近く #結婚式二次会 #レストランウェディング #フリードリンク #お一人様 #晩酌セット #仙台女子会 #パーティー #仙台ディナー #仙台で話題 #日曜日営業 #ワイン

 

 

仙台でフレンチと言えばラフルールドスリジエ

 

La  fleur de cerisierラフルールドスリジエ

とはフランス語で『桜の花』を意味します。

 

桜の花のようにこの街に根付き、皆様から愛されるお店に成れるようにとの想いを込めました。

 

貴方さまのお役に立てるお店に成れれば幸いです。