仙台駅周辺で個室、貸し切りの出来るイタリアン、フレンチのお店

2019/07/25 ブログ

仙台市の中心部から少し南の外れ

仙台市地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」を降りて南西方向に徒歩6分

五橋通り「裏一番町」にあるフレンチのビストロ

ラフルールドスリジエ オーナーシェフの

佐藤ふみひとです。

 

今日もブログをご覧いただきありがとうございます😊

 

 

ようやく長い雨の日が過ぎて、仙台もそろそろ梅雨明けでしょうか?

仙台は自分の大好きな街ではありますが、この梅雨が長くて夏が短いていうのが、少し残念な所ではあったり致します。

あ、あと1年中 風が強いのもたまに傷ですねσ(^_^;)

 

でもそんな気候、環境だからこそ美味しい食材が作られていたり、そんな環境でも生育出来るように色んなお米や野菜が改良されて来た、というのもあります。

 

だからこその食材王国宮城!ですねー

 

そんな食材を使って、様々なお料理を作って行くのが自分の仕事です。

 

で実際にどんなお料理を作っているかというと、最近では夏の食材がやはり美味しいですので、夏野菜を始めとした彩り鮮やかな一皿が増えています。

ちなみに今の季節(6月〜8月)の食材といえば、

トマト、キュウリ、ゴーヤ、パプリカ、オクラ、ズッキーニ、ピーマン、トウモロコシ、ナス、モロヘイヤ、リュバーブ(タデ科の植物で太くてしっかりとした真っ赤な茎が特徴。独特の酸味があり、ジャムやタルトなどに使われる)

 

などの色とりどりの野菜と

 

アジ、初ガツオ、カワハギ、ハモ、穴子、鰻、イワシ、ドジョウ、スズキ、ホヤ(仙台以外の人にはグロテスクな物には到底思えて無いと思います。)

などの魚が夏に美味しいお魚として代表的です。

 

では実際にこれらの食材を使って作られるメニューにはどんな物があるのでしょうか?

 

スリジエで実際に作られているメニューを元にご紹介いたします。

 

まずは

○ラタトゥイユ

[パプリカ、ナス、ズッキーニ、トマト、など]

 

○キッシュ

[パプリカ、ナス、オクラ、ズッキーニなど]→スリジエのキッシュは季節ごとに食材が変化しますので、ぜひ実際にご来店されて食べてみて下さい!

 

○自家製ベーコンと夏野菜のグリル

[トウモロコシ、パプリカ、ズッキーニ、スイスチャード(カラフルな色の茎を持つ葉物野菜)など]

→味付けは至ってシンプルに塩と胡椒がメインです。ですが野菜本来の美味しさを味わってもらうには充分と思います。

 

○旬魚のカルパッチョ

[スズキ、アジ、初ガツオ、ホヤなど]

→シェフが目利きして仕入れた新鮮なお魚を薄切りにして、ビネガーソースや海苔のソースと合わせて食べていただきます。

お刺身ではありますが、和食屋さんのお刺身とは味も見た目も少し変わった形でご提供しております。

また仙台の夏と言えば「ホヤ」というくらい地元では有名な食材ですが、スリジエではカルパッチョとしてもメニューに載せる時がございます(^ ^)

仙台の新鮮で美味しいホヤをどうぞ一度食べてみて欲しいですね!

 

○パスタ

[なす、パプリカ、ホヤ、トマトなど]

→フランス料理店でイタリアンのパスタ?

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、スリジエでは大人数でもシェアして食べて貰えるようなメニューとして、パスタをご用意してあります。

その時々の食材に合わせてクリームソースやらトマトソースなどと絡めてお出ししてます。

また「ホヤ」なんかも癖のある味ではありますが、パスタと合わせても意外なほど美味しいですよー!

 

そしてスリジエのパスタは、具材だけで無くパスタ麺そのものもこだわっています。

 

地元仙台のパスタ麺職人「パスタ・ポッシビリタ」さんが作ってくれた、フジッリなどのショートパスタから

宮城県北部の町、登米市にあるパスタ麺メーカー「マルニ食品」さんのタリアテッレやリングイネなどのロングパスタまで、めっちゃ美味しいパスタ麺を使わせて貰っています!

 

仙台にも美味しいパスタを出すイタリアンのお店も沢山ありますが、たまにはフレンチシェフの作るパスタも食べてみて下さいね!

 

ではまた!

A bientot❣️( ^∀^)