仙台といえばラフルールドスリジエがオススメ。白身魚フラン。

2021/11/26 blog

◎ Sendai French. Chef's blog

A 17-minute walk from [Sendai Station] toward the Katahira Campus of Tohoku University (southwest direction).

6 minutes walk from Sendai City Subway "Tozai Line" [Aoba Dori Ichibancho Station] toward Sendai High Court (southwest direction).

 

Along Itsutsubashi-dori, the back Ichibancho.

Opposite Mitsuhara-san, the shop on the first floor with the French flag

French home cooking and wine

[La Fleur de Cerisier]

Owner chef Fumihito Sato

is.

 

I will do my best to help you today.

 

I hope you feel that this encounter is a very valuable and meaningful encounter.

Please stay with us until the end.

本日は、手軽に家庭で出来るおもてなし料理(前菜)をご紹介致します。

 

【白身魚のフラン】Flan de poisson avec oursin 

 

魚のすり身や野菜を具材にするフランスの蒸し物料理を、日本人になじみの深い「茶碗蒸し仕立て」にしました。ここではメバルとホタテ、そらまめを具材にしてリッチに仕上げました。フラン生地はフュメ・ド・ポワソン(魚の出汁)をベースにして、卵と生クリームを加えています。

 

[材料]4人分

・全卵        ………2個

・フュメ・ド・ポワソン ………400ml

・塩、コショウ    ………各適量

・白身魚(メバル)  ………正味200g

・ホタテ貝柱     ………2個

・そら豆       ………8粒

・椎茸        ………2枚

・生ウニ       ………適量

・アサツキ(シブレットでも可能)………少量

・オリーブオイル   ………適量

・フュメ・ド・ポワソン(仕上げ用)………100ml

 

[作り方]

①.ボウルに卵を割ってよくかき混ぜ、冷ましたフュメ・ド・ポワソンを加えながら、さらによく混ぜあわせて、塩と胡椒で味を整え、シノワなどの目の細かい猿でこします。

②.食べやすい大きさに切り分けた、白身魚とホタテの貝柱と、椎茸と下茹でしたそら豆をココットに入れて、①の卵液を注ぎます。

③. ②にアルミホイルで蓋をして、蒸し器で蒸し上げます。中火で15分から20分くらい蒸し上げるのが目安です。

④.蒸し上がったフランにウニを乗せて、刻んだアサツキ(シブレット)を散らします。オリーブオイルを少しだけ垂らして、仕上げ用のフュメドポワソンを温めてから、少しだけ注ぎます。

 

*卵には大小の大きさが有りますので、卵とフュメドポワソンの割合が〈1:3〉になるように分量は調節します。

また、フュメ・ド・ポワソンの総量の半分を生クリームにかえても美味しく出来ます。

 

 

【グリーンアスパと卵のパルミジャーノ風味】

Gratin d’asperges avec œufs aux parmesans 

 

オードブルの他にも、ブランチなどの軽い食事にもぴったりなお料理です。フランスやイタリアではとてもポピュラーで、よく作られています。作り方も比較的簡単なのも魅力ですね。

白ワインやスパークリングワインと一緒に楽しめる一皿です。

 

[材料]4皿分

・グリーンアスパラガス   ………12本

・生ハム          ………12枚

・エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル………適量

・全卵              ………4個

・パルミジャーノ・チーズ              ………適量

・パセリ(みじん切り)     ………適量

・サラダ油           ………適量

 

[作り方]

①.グリーンアスパラガスは、水洗いをして汚れを落として、水気をよく切っておきます。太いアスパラガスを使う場合には、火が通りにくいので、下半分の皮をむいて、あらかじめ固めに下茹でしておきます。

②.①のアスパラガスに生ハムを巻きつけて、サラダ油を敷いたフライパンで、中火で焼き付けて、全体に軽く焼き色を付けます。

③.グラタン皿などの耐熱容器に②のアスパラガスを並べて(アスパラを3本ずつ4皿作ります)、上に卵を割り落とします。

④.すりおろしたパルミジャーノチーズを全体に満遍なくかけて、220℃のオーブンで5〜6分ほど焼き上げ、卵は半熟の目玉焼きの状態になるよう仕上げます。

⑤.エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを全体に回しかけて、みじん切りにしたパセリを散らして完成です。

 

 

以上、本日はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

Next time again, La Fleur de Cerisier   See you on our blog! (o ^^ o)

 

Au voir (O   Voire)

À bientôt (A   Bianto   )

 

We're rooting for you.

 

# Miyagi # Sendai # Sendai #sendai   #miyagi   # Sendai French # homemade bread # French Sendai # pasta # surprise # birthday # dating # fashionable # fashionable # night view # Sendai Station # Ichibancho # Aoba-ku, Sendai Ichiban-cho # Itsutsubashi # hors d'oeuvres # Sendai gourmet # French cuisine # Sendai Bistro   # All-you-can-drink # charter # beef tongue # Banquet # farewell party # farewell Mukaekai # Sendai wine # sparkling wine you can drink # station near the # wedding after-party # restaurants wedding # free drink # per person # evening drink set # Sendai Women's Association # party # topic in Sendai dinner # Sendai # Sundays # wine #'re doing until late per person welcome # one person drink set # night # Sendai pasta # meat French # fish French # Sendai night rice # takeout # bachelor # back most Town # Gohashi Dori

Speaking of French in Sendai, La Fleur de Cerisier

 

[ La   fleur de cerisier rough ruled Surijie]

Means "cherry blossom" in French.

 

We hope that it will take root in this city like a cherry blossom and become a shop that is loved by everyone.

 

We hope that you will find a store that will be useful to you.

 

La Fleur de Cerisier  

1-15-20 Ichibancho, Aoba-ku, Sendai

Sonoda Building 1st floor

TEL 022-724-7448

Reservation staff

Fumihito Sato